文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学

サルトルの『嘔吐』つづき

投稿日:

フランス文学概説の手始めに
サルトルの嘔吐をよんでいます。

この作品、すさまじいですね・・・
ピクウィッククラブむははーーあほなおっさん~とかやっている私の対極にある感じの本でした。4

なんとかって街や(名前忘れました)、パリの街を歩きながら、
いった先でであったものや人に対し
いろいろな考えをしたためているのですが、

観察力がすごすぎる・・・・

主人公は年金暮らし?の歴史家?で、
妻子は居ない模様。
しかし、行く先々で、いろんな人との交流・・・というか、遭遇がありますが、
不自然なほどに名前が呼ばれていない気がします。
謎が多すぎる・・

彼は普段、どのような視点を持ちながら歩いているのでしょうか。

この本は週末、コタツにねっころがりながら読む本ではないですね。
文章自体は難しくないのですが、
この本、ぜんぜん読み進まない・・・・深いです。
オチはあるのかきになるところです

図書館でかりてきた本なのに、線を引きたくってうずうずしています。
この本は借りるより買うべき本ですね。。

岩波文庫で『嘔吐』が出ていれば手に入れたいです。

-フランス文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

19世紀のフランス文学1今日からはじめます

日本美術史と同時進行で 19世紀のフランス文学1を今日からはじめたいと思います( ̄▽ ̄) 19世紀の西洋文学ラブです。 一番はイギリスのディケンズですが、 フランスのスタンダールやユゴーもだいすき。 …

no image

ようわからんかった・・・『ルソーの教育思想』という難しい本を読んだ

今日は『ルソーの教育思想 利己的情念の問題をめぐって 』という難しい本を読みました。テーマごとにルソーの教育思想がまとめられている本なのですが、うん。難しい。でも、まとめ方はレポートや卒業論文などの形 …

no image

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …

no image

ルソー『エミール』下巻に書いてある「旅について:という章は好き。

タイトル:エミール〈下〉 (岩波文庫青 622-3 ) 内容:ルソーの書いた教育書で、エミールという架空の人物に理想の教育をさせるというスタイルで書かれている。下巻は成長したエミールがどのような人間に …