サルトルの『嘔吐』つづき

2012年12月3日

フランス文学概説の手始めに
サルトルの嘔吐をよんでいます。

この作品、すさまじいですね・・・
ピクウィッククラブむははーーあほなおっさん~とかやっている私の対極にある感じの本でした。4

なんとかって街や(名前忘れました)、パリの街を歩きながら、
いった先でであったものや人に対し
いろいろな考えをしたためているのですが、

観察力がすごすぎる・・・・

主人公は年金暮らし?の歴史家?で、
妻子は居ない模様。
しかし、行く先々で、いろんな人との交流・・・というか、遭遇がありますが、
不自然なほどに名前が呼ばれていない気がします。
謎が多すぎる・・

彼は普段、どのような視点を持ちながら歩いているのでしょうか。

この本は週末、コタツにねっころがりながら読む本ではないですね。
文章自体は難しくないのですが、
この本、ぜんぜん読み進まない・・・・深いです。
オチはあるのかきになるところです

図書館でかりてきた本なのに、線を引きたくってうずうずしています。
この本は借りるより買うべき本ですね。。

岩波文庫で『嘔吐』が出ていれば手に入れたいです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA