文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋美術史

『ヨーロッパの中世美術 大聖堂から写本まで』感想2 聖遺物と大聖堂→中世美術?

投稿日:

タイトル:ヨーロッパの中世美術―大聖堂から写本まで (中公新書)

こちら、昨日読了いたしました。

「美術」とタイトルにあると、
どうしても「絵画」を思い浮かべてしまいますが、
この本では、「絵画」に関する記述は少なかったです。

美術史?の本だとおもって読みましたが、
大聖堂・修道院・聖遺物に関する記述が長く載っていたのが印象的でした。

聖遺物の伝説といえば、
聖杯
ロンギヌスの槍
聖骸布
十字架の破片
聖人の遺骨など

いろいろありますが、

聖遺物といえば、思い出すのが
イスタンブールの有名な観光スポット
オスマン帝国の宮殿「トプカプ宮殿」の中にある一室・・・・・

なんと、、
「PROPHET MOSESの杖」
「BC15-14世紀 ヨセフのターバン」

などの展示物があるんですwww

モーセの杖。それ、本物でなんですか?と質問するような空気じゃない部屋にあるんです。

ムハンマドの遺物も一緒に飾られ、クルアーン読む人がいたりと、
重苦しい部屋にあるんです。オスマンの宝剣や金銀宝石の束見たときよりびっくりしました。

これら聖遺物は、十字軍遠征の一つの目的ともなりました。

大聖堂の中には、「聖遺物を納める容器」として立てられた場所も多いとのことで、
例えに ベネツィアの「サンマルコ寺院」などをあげていました。

大聖堂の建築様式についての記載もあった気がしますが、
読みながら寝ていたかもしれません・・・ぜんぜん頭に入らなかった・・・・。

中世の美術 という本ですが、
最後の数ページにはルネサンスに関する説明もありました。
ボッティチェリの晩年は、サヴォナローラの影響で、鬱っぽくなっていた~
みたいな説明があり、
このあたりを卒論で書いた私としては、
鬱っぽい で片付けられちゃったことに、なっとくいかなかったような・・・

-西洋美術史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ドレの挿絵がみごとな旧約聖書を買いました!

  タイトル:ドレの旧約聖書 内容:19世紀の画家ドレの挿絵つきの旧約聖書 天地創造からマカベイまで。 ドレの旧約聖書 を買いました。 西洋史特殊1→オリエント考古学→倫理学という勉強の流れ …

no image

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛 …

no image

名画で聖書をたどる!『アートバイブル』感想

実家から持って帰ってきた本の1冊に『アートバイブル』という本があります。 こちらも面白い一冊なんです。聖書のワンシーンを描いた名画とシーンの一節が書かれた、聖書名シーン集+宗教絵画集のような本で、 旧 …

no image

『ヨーロッパの中世美術 大聖堂から写本まで』感想

タイトル:ヨーロッパの中世美術―大聖堂から写本まで (中公新書) 内容:中世の絵画、彫刻から大聖堂など、中世美術史を代表する作品とともに時代背景なども説明されている本。 面白そうな本を見つけ、購入して …