文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

投稿日:

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが
「西洋哲学史Ⅱ」でした。

選択できるレポート内容で、
消去法でデカルトを選びました。

選んだといっても、デカルトって 
ラテン語の試験で2回も出てきた「Cogito ergo sum」くらいの知識しか持っていません。

レポートで求められるのは方法序説ではなく、
「情念論」の中に書かれている内容。

一類の人間なら、
情念論から読むべきでしょうが、
基礎がぐらぐらな私は、
デカルトという人を知るために

90分でわかる デカルト
という本を読みました。

哲学関係の本って、
あまり解説書よんじゃいけないとか言うけど、気にしない

デカルトの哲学というより、
デカルトの生活がココでは描かれていて、
面白い。

この人、お金持ちですが、家族愛には恵まれなかったみたいですね・・・
デカルトに比べると私のほうがましかも(いや、ましじゃないかも?)

デカルトさん、とりあえず金は持っていたみたいですね。

小さいころからマイペースで、
昼くらいに起きてきて云々というエピソードが
うらやましすぎてけしからん(笑)

デカルトは軍人でもありましたが、
やっぱり昼くらいにおきてきて云々だったそうな。

デカルト、生前は「俺、超長生きするよ」みたいなこと言ってたらしいです。

でも、
慣れない早起きが元で病気になって死んでしまったらしい(ほんと?)

この本よんでから

デカルトが「ちびまるこちゃん」で脳内再生されるんですけどww

面白い本ですが、情念論の参考になりそうな本ではありませんでした。

レポートに必要な
デカルトさんが書いた「情念論」は、ぎっくり腰で寝込んでいる3日間、読みました。
デカルトさん、心臓とか脳の説明をしていますが、
ぎっくり腰の説明はありませんでした。

『90分でわかるデカルト』を読む限り、彼は絶対ぎっくり腰経験者のはず。
彼がぎっくり腰のメカニズムを書いてくれたらおもろいのになぁ

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス『告白』 食欲の誘惑に対する態度

アウグスティヌスの『告白』の中で、興味ある箇所を論じるのがレポート課題  レポート課題には出来なさそうですが、とても気になる箇所があるんです。それが、下巻p56からはじまる食欲の誘惑に対する態度 につ …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …

no image

タイムトラベルは可能か?『図解雑学 タイムマシーンと時空の科学』感想

タイトル:タイムマシンと時空の科学 (図解雑学) 内容:最新のタイムマシーン研究に関する説明と、ブラックホール相対性理論や量子論についてわかり易い図で説明してある本です。学術書のような堅苦しさがなく、 …

no image

『アウグスティヌス『告白録』講義』を読みました。

この本、なんかいも読んだ気がします。こちらの本、単体で読むと難しいのですが、 『告白』の解説本として、『告白』と照らし合わせながら読むととてもわかりやすいので、交互に読みました。 私が書きたかったレポ …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察 …