文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム トルコ史関連

余部福三 『イスラーム全史』感想

投稿日:

【送料無料】 イスラーム全史 / 余部福三 【単行本】

価格:3,675円
(2012/4/20 13:23時点)
感想(0件)

昨日の昼から今日にかけて

イスラーム全史という本を読んでいます。

この本、なかなか先に進まない。。。

難しい。日本語自体はソウでもないのですが、

アチコチ時代が飛ぶし、場所も飛ぶので

ごちゃごちゃしてきます。

部族間抗争の歴史を見ているような感覚で前半ページ終了。

後半はイスラームの宗派や、文化などのページになっています。

いかにイスラームは複雑に絡み合っているのか

この本を読めば理解できる・・というか理解できないほどわかりにくい。

大学受験レベルの世界史だと

ウマイヤ朝の次はアッバース朝(でしたっけ?)が台頭~みたいなノリですが、< br />

実はこれらの王朝と並立して、各地では色々な王朝が並立し対立していたりと、

世界史Bのイメージとはだいぶ違っていました。

ただ、今私がほしい情報は、

オスマン帝国下でのイスラーム~~みたいな箇所なのですが、

残念ながらこの本はオスマン時代の説明があまりないです。

なので、長々と読んでしまいましたが、

レポートの参考にはなりませんでした。

イスラーム全体を知る 読み物としては面白いです。

特に、ムハンマドの生きている間の行動の記述など

勉強になりました。

 

 

 

 

 

-イスラーム, トルコ史関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想ふたたび

井筒先生のイスラーム文化を再び読んでいます。今回のレポートのキーになる内容が沢山書かれているので熟読。 井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』岩波文庫で出ています。井筒 俊彦さんといえば、 …

no image

マイケルクック「一冊でわかるコーラン」感想

ほんのタイトルが大きく「コーラン」と書かれていたので、コーランの日本語訳が読めるとおもいよんでみました。 【送料無料】 コーラン 1冊でわかる / マイケル・クック 【全集・双書】 価格:1,575円 …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その1、今中東がどういう状況なのか

『シリア アサド政権の40年史』昼休みに30ページくらい読みましたー。歴史学者の本と比べると、臨場感あるし、回りくどい単語使わないので、すごく読みやすい本です。 今、アラブで起こっている 革命?混乱? …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その2 シリア内乱のはじまり について

シリアの内乱について、アルジャジーラや欧米のメディアの報道を書き写しただけみたいな日本の新聞の情報がお茶の間に 事実真実のように伝わっちゃってますが、 こちらの本は、この内乱が終わって、情報操作の内部 …

no image

アラブ史教科書・・・

中学生でもわかるアラブ史教科書 価格:1,000円(2012/4/18 13:35時点)感想(4件) 最近、イスラーム関係のレポートを書くために中東関連の書物を読んでいます。 実はこちらはちょっと読み …