文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

オーウェル『動物農場』読み終えましたが、この本、すごい!!!

投稿日:

衝撃受けました。
なんというか・・・、こんなん初めて読みました。

人間を追い出してから、動物たちが
動物たちだけの農場を経営し、

国のような物をつくりあげていくのですが、
さいしょ、人間のいない、理想の農場だったのが、

だんだんずれが生じてくる。

読みながら
これは何かに似ているな
なんだっけ?
これ、なんだっけ?

あ、北朝鮮か?
いや、中国、
いやいや、、シリアに似ている????

あ。。そうだ!
レーニン トロツキー スターリンだ。

ここがわかってから、震えがきました!!
もう、この物語の作りに 感動。オーウェル・・・すごいわ。

小学生でもわかりそうな簡単な文章なのに、
ここに描かれている世界は深い。
まんまソヴィエト批判なんです。
ソヴィエトの化けの皮をはいだ作品?!!

オーウェルといえば、イギリス文学系のテキストにも出てくる、
慶応通信でいうところ「3類」の本ですが、

西洋史勉強している人にもぜひ読んでほしい!
とくに、現代史やっているひと、
たぶん、これ読むと感動するとおもう。
泣ける話ではなくって、この作りこみに感動する。

これ読んだ後にヴェーバー『職業としての政治』を読んだのですが、
(あれ?これさっき読んだなぁ・・)ってところもありました。
社会学史のレポ、オーウェルを参考文献に追加して書きたい

話の詳細については、また後日。

動物農場って、ジブリDVDだしているんですよね・・・・
映像化した動物農場、みてみたい

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 その1)

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 内容:アメリカ人教授が英米文学の講義でお話した内容を本にしたもの。チョーサーから年代順に、作家ごとに章にわけて説明し …

no image

ディケンズ『リトルドリット』感想4

リトル ドリットの続きを読んでいます。 遺産を手に入れ、大金持ちになったドリット氏ですが、急死してしまいました、そのあと、財界の重要人物 マードル氏も自殺して死にます。それら2つの死によって、主要人物 …

no image

ディケンズ『リトルドリット』 感想5 終わり

一週間ほどリトルドリットに夢中で、勉強をおろそかにしておりました。リトルドリット、ようやく読み終わりましたが、最後がちょっとどたばたすぎて、!?!?!?の連続でした。 まず、リゴーがあっけなさすぎる。 …

no image

トマスモア『ユートピア』感想

タイトル:ユートピア (岩波文庫)  内容:イギリスの人文主義者トマスモアによる書物。空想の国ユートピアを語りつつ、イギリス国内の政治などに対する悪口ぶつぶつ書いた本(?) トマスモアのユー …

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …