文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

投稿日:

世界文学のすごさは、
自分の読んだ時期によって、
まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。
その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。

ハムレットもそのひとつでした。


昨日はごろごろしながら
シェイクスピアのハムレットを読んでいました。

シェイクスピアをまとめて読んだのが13年くらい前で、
ハムレット
マクベス
リア王
オセロー
これらが混同していたので、
今回ストーリーを再確認しすっきり。

やっぱりシェイクスピアは偉大だなぁとおもいました。

前王である父の死に沈んでいるデンマークの王子ハムレットの下に、
父の霊が現れ、現在の王に毒殺された旨伝えられ、復讐をめぐらす~というところから始まる
この物語ですが、

今回 私はオフェーリアの狂気が気になりました。
中学校の頃、テートブリテン?という展覧会が西洋美術館かなにかであったのですが、
あの時に「オフェーリア」というタイトルの絵に出会い
魅了されたのを思い出しました。

あの絵は誰の作品だったのかおぼえてませんが、
華とともに川に流れ行くオフェーリアの美しさが
自然と一体になって、神秘的に描かれていました。
イメージとしては、ラファエロ前派っぽかったかも・・ロセッティとかかな?

文学に狂気を帯びたキャラクターを登場させるのは 特に珍しくないかとおもいますが、
オフェーリアのようなタイプの、狂気はあまりであったことがない気がする。

狂気を帯びたキャラクターというと、
大いなる遺産に出てくる ウェディングドレス女とか
罪と罰ラスコーリニコフとか
ジェーンエアのバーサとか、
なんか、こっちまで被害が及んできそうな恐怖感があるのですが、

オフェーリアにはそれがない。
メンヘラ女独特の、現実離れした美しさすら感じる

やっぱりシェイクスピアはすごいなぁ~とおもいつ、
ねっころがりながらよんだので、
あまり頭に入っていない箇所もあるので、
今度また読みます(*^。^*)

オフェーリアが狂ったまでの
経緯がよくわからんかった・・・

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

加藤恭子『アーサー王伝説紀行神秘の城を求めて』読んだ!

 タイトル;アーサー王伝説紀行―神秘の城を求めて (中公新書) 内容:アーサー王伝説の概要と、舞台となったと推測されている場所を訪れた著者がそこで何を見たか、現地の人はどうみているのかなどが …

no image

ディケンズ『リトル・ドリット』感想その2

リトルドリット、まだまだ読み途中です。 まだ、話のオチがぜんぜん読めなくって、むずむずしています。 リトルドリットというタイトルですが、 どうやらアーサークレナム氏が話の中心となっているようです。リト …

no image

チャールズ・ディケンズ『リトル・ドリット』途中まで 感想

  タイトル:リトル・ドリット 内容:(まだ読み途中なので、、断片的ですが) 中国から帰ってきたアーサー債権者監獄で生まれたリトルドリット元囚人のイタリア人 と自称コスモポリタン リゴー デ …

no image

レポート参考文献探し『イギリス文学案内』という本をかりてきました。

図書館で『イギリス文学案内』という本を借りてきたので読んでいます。 その名のとおり、 イギリスの文学史に名だたる人物をひとりひとりまとめた一冊で、文学史のレポートを書くのに役立ちました。テキストの『資 …

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …