文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

投稿日:

世界文学のすごさは、
自分の読んだ時期によって、
まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。
その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。

ハムレットもそのひとつでした。


昨日はごろごろしながら
シェイクスピアのハムレットを読んでいました。

シェイクスピアをまとめて読んだのが13年くらい前で、
ハムレット
マクベス
リア王
オセロー
これらが混同していたので、
今回ストーリーを再確認しすっきり。

やっぱりシェイクスピアは偉大だなぁとおもいました。

前王である父の死に沈んでいるデンマークの王子ハムレットの下に、
父の霊が現れ、現在の王に毒殺された旨伝えられ、復讐をめぐらす~というところから始まる
この物語ですが、

今回 私はオフェーリアの狂気が気になりました。
中学校の頃、テートブリテン?という展覧会が西洋美術館かなにかであったのですが、
あの時に「オフェーリア」というタイトルの絵に出会い
魅了されたのを思い出しました。

あの絵は誰の作品だったのかおぼえてませんが、
華とともに川に流れ行くオフェーリアの美しさが
自然と一体になって、神秘的に描かれていました。
イメージとしては、ラファエロ前派っぽかったかも・・ロセッティとかかな?

文学に狂気を帯びたキャラクターを登場させるのは 特に珍しくないかとおもいますが、
オフェーリアのようなタイプの、狂気はあまりであったことがない気がする。

狂気を帯びたキャラクターというと、
大いなる遺産に出てくる ウェディングドレス女とか
罪と罰ラスコーリニコフとか
ジェーンエアのバーサとか、
なんか、こっちまで被害が及んできそうな恐怖感があるのですが、

オフェーリアにはそれがない。
メンヘラ女独特の、現実離れした美しさすら感じる

やっぱりシェイクスピアはすごいなぁ~とおもいつ、
ねっころがりながらよんだので、
あまり頭に入っていない箇所もあるので、
今度また読みます(*^。^*)

オフェーリアが狂ったまでの
経緯がよくわからんかった・・・

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …

no image

ディケンズ『リトルドリット』感想4

リトル ドリットの続きを読んでいます。 遺産を手に入れ、大金持ちになったドリット氏ですが、急死してしまいました、そのあと、財界の重要人物 マードル氏も自殺して死にます。それら2つの死によって、主要人物 …

no image

ジョン ダン詩集

図書館で、ジョン ダン詩集を読んでみました。 16世紀~17世紀、イギリス人の詩人で 初めて読みました。 感想かけるほど、理解はしなかったのですが、最初のほうに載っていた「蚤」というタイトルの詩にギョ …

no image

【本】はじめて学ぶイギリス文学史 感想

  タイトル:はじめて学ぶイギリス文学史内容:イギリスの文学作品が歴史順に並んでいて、文学史を勉強する方におすすめ。原書と日本語訳の抜粋もあるので面白いです。 先週末は図書館でいろいろな本を …