文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』感想

投稿日:

【中古】 ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1)

価格:200円
(2012/4/18 13:03時点)
感想(0件)

今日は英文学を楽しみました。
何度読んでも味がある
シャーロット・ブロンテの長編小説。

ジェーン・エア

です。実はこの頃の英文学が
一番大好きなのです。ヴィクトリア朝文学とでもいうのでしょうか。
一番すきなのがチャールズディケンズなのですが、
ブロンテも大好き。

繁栄の絶頂を極めた英国の光と影のコントラスト濃い
独特の世界観と、風潮に魅了されています。

ハリーポッターなどもにもひきつがれているのでしょうが、
英国文学って、妙に孤児とか出てきますね。。。

ジェーン・エアも簡単に言うと
孤児となった主人公ジェーンが、虐待されながらも立派に育ち、
家庭教師となった先で、主人と相思相愛になる~というエピソード

二行で片付けてしまいましたが、

当時の社会問題
読みながらも浮かんでくるような
荒涼とした北イングランドの風景の描写
強く生きるジェーンの葛藤
おばかさんに引っ掻き回されるもどかしさ

深くかんがえさせられる小説です。
私はラストシーンが好きです・・・

イギリス小説の好きなところは
なんといっても、女性が強いところです。

ジェーンオースティンの「エマ」しかり、「プライドと偏見」のエリザベス
ブロンテのジェーン
ディケンズのアグネス

気のせいかもしれませんが、
ハリーポッターのハーマイオニーの聡明さも
ここからきているのかもしれませんw

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

  黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)読みました。文庫に7編の短編が入っています。 エドガー アラン ポーといえば、作品より彼の生きた人生のほうが気にな …

no image

ジェーンオースティン『エマ』映画版感想

『傲慢と偏見』と並ぶオースティンの傑作『エマ』の映画盤を先週末見ました。 オースティンの作品は今読んでも古臭くなく、ひとつの空間で繰り広げられる人間模様がひきつけられるんです。だからやめられない。 原 …

no image

ディケンズ『リトルドリット』感想4

リトル ドリットの続きを読んでいます。 遺産を手に入れ、大金持ちになったドリット氏ですが、急死してしまいました、そのあと、財界の重要人物 マードル氏も自殺して死にます。それら2つの死によって、主要人物 …

no image

【本】はじめて学ぶイギリス文学史 感想

  タイトル:はじめて学ぶイギリス文学史内容:イギリスの文学作品が歴史順に並んでいて、文学史を勉強する方におすすめ。原書と日本語訳の抜粋もあるので面白いです。 先週末は図書館でいろいろな本を …

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …