文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』感想

投稿日:

【中古】 ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1)

価格:200円
(2012/4/18 13:03時点)
感想(0件)

今日は英文学を楽しみました。
何度読んでも味がある
シャーロット・ブロンテの長編小説。

ジェーン・エア

です。実はこの頃の英文学が
一番大好きなのです。ヴィクトリア朝文学とでもいうのでしょうか。
一番すきなのがチャールズディケンズなのですが、
ブロンテも大好き。

繁栄の絶頂を極めた英国の光と影のコントラスト濃い
独特の世界観と、風潮に魅了されています。

ハリーポッターなどもにもひきつがれているのでしょうが、
英国文学って、妙に孤児とか出てきますね。。。

ジェーン・エアも簡単に言うと
孤児となった主人公ジェーンが、虐待されながらも立派に育ち、
家庭教師となった先で、主人と相思相愛になる~というエピソード

二行で片付けてしまいましたが、

当時の社会問題
読みながらも浮かんでくるような
荒涼とした北イングランドの風景の描写
強く生きるジェーンの葛藤
おばかさんに引っ掻き回されるもどかしさ

深くかんがえさせられる小説です。
私はラストシーンが好きです・・・

イギリス小説の好きなところは
なんといっても、女性が強いところです。

ジェーンオースティンの「エマ」しかり、「プライドと偏見」のエリザベス
ブロンテのジェーン
ディケンズのアグネス

気のせいかもしれませんが、
ハリーポッターのハーマイオニーの聡明さも
ここからきているのかもしれませんw

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

【本】はじめて学ぶイギリス文学史 感想

  タイトル:はじめて学ぶイギリス文学史内容:イギリスの文学作品が歴史順に並んでいて、文学史を勉強する方におすすめ。原書と日本語訳の抜粋もあるので面白いです。 先週末は図書館でいろいろな本を …

no image

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

****なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなのであらすじについては消しました夏休み終わったら復活させますww クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていま …

no image

ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ

英語3のテキストにも載っているジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。こちらには、一冊に、複数の短編が入っている本です。象の撃つは2番目のお話。ビルマに駐在している英国人保 …

no image

ジェーンオースティン『エマ』映画版感想

『傲慢と偏見』と並ぶオースティンの傑作『エマ』の映画盤を先週末見ました。 オースティンの作品は今読んでも古臭くなく、ひとつの空間で繰り広げられる人間模様がひきつけられるんです。だからやめられない。 原 …

no image

イギリス版『キャッツ』のDVDを購入~。TSエリオットはやっぱりすごい。

ESエリオット原作のミュージカル「キャッツ」のDVDを購入しました。 DVDのいいところは、字幕を変更できるところです。 劇団四季の「キャッツ」は何度かみたので、ストーリーやせりふを覚えているので、 …