文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

東洋史

『中国漢代人物伝』読み終え

投稿日:

この本、タイトルとおりの硬い歴史本かとおもいきや、
面白い本でした。

まず、自らの中国留学で目の当たりにした中国人の日常と
中国人の気質についての話が面白い

中国人って、すごく我を通しますよね。
中国の古典文学でも、我を通した結果処刑されたり、手足切られたり
そういう人たくさんいた。

今の中国も、譲らない人々が
道を譲らずに自動車正面衝突して死亡とか、
そこいらで喧嘩しているとか
まあ、なんかちょっとちがうわけですよ

コレを読むと、ああ!中国人ってそういえば!!ということがいろいろと理解できます。
世界にでても中華街をつくってそのコミュニティの中にいきちゃう中国人

偉人と呼ばれた人たちの,陰湿で執拗な復讐劇とか

レポート、試験勉強にはかぶらなかったけど
面白い本でした

-東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

史学概論のレポートその1 ランケとか発見理論とかのやつ?

史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。レポートのタイトルは正直忘れました。中身読め …

no image

日本史特殊レポート「伴天連追放令とその影響」2伴天連追放令以降のイエスズ会

日本史特殊のレポート、伴天連追放令とその影響についての続きを挙げてみたいと思います 以下本文 ↓↓↓ 2. 伴天連追放令の発令 信長亡き後、はじめ秀吉もキリスト教布教に対しては寛容な体制をとっていたが …

no image

『ラストエンペラーと近代中国 (中国の歴史010) 』再度読む

東洋史概説2のレポート不合格で戻ってきました。文字数足りなすぎる、諸内乱のまとめはよかったけど、それらを関連付けたレポートを!というコメントをいただきました。 そして、 「ラストエンペラーと近代中国 …

no image

日本史特殊2『日本キリスト教史』読みました。

正直日本史には魅力を感じないのですが、日本キリスト教史は面白い。 コチラの本では、ザビエルたちイエスズ会が布教し、広がっていく過程から日本の権力者サイドでのキリスト教への態度の変化や日本で布教されてき …

no image

「孫子・呉起列伝」の富国強兵について

 中国史最古の歴史書である司馬遷の書いた『史記』は、古代中国の歴史を知る上で重要であるばかりでなく、当時の文化、思想、社会情勢を豊かに描き出している。  『史記』は主に君主を中心とした軍事史、政治史的 …