文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

東洋史

『中国漢代人物伝』読み終え

投稿日:

この本、タイトルとおりの硬い歴史本かとおもいきや、
面白い本でした。

まず、自らの中国留学で目の当たりにした中国人の日常と
中国人の気質についての話が面白い

中国人って、すごく我を通しますよね。
中国の古典文学でも、我を通した結果処刑されたり、手足切られたり
そういう人たくさんいた。

今の中国も、譲らない人々が
道を譲らずに自動車正面衝突して死亡とか、
そこいらで喧嘩しているとか
まあ、なんかちょっとちがうわけですよ

コレを読むと、ああ!中国人ってそういえば!!ということがいろいろと理解できます。
世界にでても中華街をつくってそのコミュニティの中にいきちゃう中国人

偉人と呼ばれた人たちの,陰湿で執拗な復讐劇とか

レポート、試験勉強にはかぶらなかったけど
面白い本でした

-東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『結社の世界史2 結社が描く中国近現代』から太平天国の乱なるものを調べた

東洋史概説1がちっともすすまないので、2からやってます。 宗教結社に関するレポートなので、まずは太平天国に関する本を読みました。 結社の世界史②結社が描く中国近現代 (結社の世界史)という本です。 太 …

no image

帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのかという疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、 地域や時代順で解説している歴史書が多い中、 …

no image

日本史特殊レポート「伴天連追放令とその影響」2伴天連追放令以降のイエスズ会

日本史特殊のレポート、伴天連追放令とその影響についての続きを挙げてみたいと思います 以下本文 ↓↓↓ 2. 伴天連追放令の発令 信長亡き後、はじめ秀吉もキリスト教布教に対しては寛容な体制をとっていたが …

no image

史学概論のレポートその1 ランケとか発見理論とかのやつ?

史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。史学概論のレポートは書きかけのやつと、書き終わったポイやつ二種類ありました。レポートのタイトルは正直忘れました。中身読め …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その2 シリア内乱のはじまり について

シリアの内乱について、アルジャジーラや欧米のメディアの報道を書き写しただけみたいな日本の新聞の情報がお茶の間に 事実真実のように伝わっちゃってますが、 こちらの本は、この内乱が終わって、情報操作の内部 …