『中国漢代人物伝』読み終え

2014年6月16日

この本、タイトルとおりの硬い歴史本かとおもいきや、
面白い本でした。

まず、自らの中国留学で目の当たりにした中国人の日常と
中国人の気質についての話が面白い

中国人って、すごく我を通しますよね。
中国の古典文学でも、我を通した結果処刑されたり、手足切られたり
そういう人たくさんいた。

今の中国も、譲らない人々が
道を譲らずに自動車正面衝突して死亡とか、
そこいらで喧嘩しているとか
まあ、なんかちょっとちがうわけですよ

コレを読むと、ああ!中国人ってそういえば!!ということがいろいろと理解できます。
世界にでても中華街をつくってそのコミュニティの中にいきちゃう中国人

偉人と呼ばれた人たちの,陰湿で執拗な復讐劇とか

レポート、試験勉強にはかぶらなかったけど
面白い本でした

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA