文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学 ヨーロッパ史

ミシュレ『フランス史1~6』も読みました。

投稿日:

先週末ほどミシュレにささげた週末はないでしょう・・・
ミシュレ『フランス史1、2、3、4、5、6』読みました。

一冊がけっこうな厚さなので、速読(拾い読み?)モードでよみましたよ・・・。

ミシュレ『フランス革命史』の前段階に当たるフランス史で、
物語の始まりはガリア人から。

哲学者ヴィコーから学んだ精神から

「人間の歴史が宿命に対する自由の闘争である」との思想の上で
フランス史を書いていっています。

40年かけて書き上げたフランス史のなかに、
彼はプロメテウス的進化をみていました。
彼の歴史は過去の再現による「復活」の歴史なんですよね。

だから、「フランス史」と「フランス革命史」をタイトルを分けて、別にした。
復活前のフランス史が「フランス史」で
復活に関するフランス史が「フランス革命史」。
フランス革命に新生フランス誕生をみていたミシュレ。
私の大好きなユゴーのミュージカルの歌詞で
The blood of the martyrs will water the meadows of france!
というフレーズがありますが、ミシュレの描く世界もこういうかんじ。
フランス革命→二都物語 というイメージの私としては
ミシュレやユゴーたちは フランス革命の美化?がちょっとすぎるなっておもいます・・・

このあたりは、いかにもロマン主義的な感じがします。

この本の和訳、けっこう新しい本なんですよね・・・
たしか、私が史学を専攻していたころ、ミシュレの『フランス史』は和訳では存在しなかった気がする。

フランス史を勉強する方は、この本はフランス史学の原点?なので、ぜひとも読んでみてほしいです。

フランス史6巻が最終巻ですが、この本の発行が2011年の秋でした。
あとがきに、地震、津波、原発事故の事が載ってました。
原発は明らかに人災とかいてありました

ミシュレの和訳は、今後何十年も読まれていくでしょうから、
何十年後に史学を勉強する人たちも、このあとがきを読むことでしょう。
そのころには、3.11のことを研究する歴史家も出ているんでしょうね。そうおもうと不思議な気持ちになります。

-フランス文学, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『消えた古代都市バビロニア』感想3 奴隷と住居とダニエル書

タイトル:消えた古代文明都市―バビロニア (アリアドネ古代史スペクタクル) バビロニア感想 その3 こちらには、奴隷についての記述がありました。太古の昔から、奴隷がいましたが、バビロニアの奴隷は、どの …

no image

19世紀のフランス文学1、現在706文字

テキスト 最新フランス文学 この二冊で書いてみましたが、700文字が限界です。 ただ、最新フランス文学史の ミシュレに関する説明は、 少ないながらもわかりやすい。 ミシュレは、 ランケのような、客観的 …

no image

帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのかという疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、 地域や時代順で解説している歴史書が多い中、 …

no image

『これだけは知っておきたい聖書の考古学』感想

現在「オリエント考古学」の勉強中です。 入っている慶友会「東京三田クラス」のあつまりは、土曜のPMなので、AMは慶應三田キャンパスのメディアセンターに行くようにしています。 今回は、先週後半からはじめ …

no image

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛 …