文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学 ヨーロッパ史

ミシュレ『フランス史1~6』も読みました。

投稿日:

先週末ほどミシュレにささげた週末はないでしょう・・・
ミシュレ『フランス史1、2、3、4、5、6』読みました。

一冊がけっこうな厚さなので、速読(拾い読み?)モードでよみましたよ・・・。

ミシュレ『フランス革命史』の前段階に当たるフランス史で、
物語の始まりはガリア人から。

哲学者ヴィコーから学んだ精神から

「人間の歴史が宿命に対する自由の闘争である」との思想の上で
フランス史を書いていっています。

40年かけて書き上げたフランス史のなかに、
彼はプロメテウス的進化をみていました。
彼の歴史は過去の再現による「復活」の歴史なんですよね。

だから、「フランス史」と「フランス革命史」をタイトルを分けて、別にした。
復活前のフランス史が「フランス史」で
復活に関するフランス史が「フランス革命史」。
フランス革命に新生フランス誕生をみていたミシュレ。
私の大好きなユゴーのミュージカルの歌詞で
The blood of the martyrs will water the meadows of france!
というフレーズがありますが、ミシュレの描く世界もこういうかんじ。
フランス革命→二都物語 というイメージの私としては
ミシュレやユゴーたちは フランス革命の美化?がちょっとすぎるなっておもいます・・・

このあたりは、いかにもロマン主義的な感じがします。

この本の和訳、けっこう新しい本なんですよね・・・
たしか、私が史学を専攻していたころ、ミシュレの『フランス史』は和訳では存在しなかった気がする。

フランス史を勉強する方は、この本はフランス史学の原点?なので、ぜひとも読んでみてほしいです。

フランス史6巻が最終巻ですが、この本の発行が2011年の秋でした。
あとがきに、地震、津波、原発事故の事が載ってました。
原発は明らかに人災とかいてありました

ミシュレの和訳は、今後何十年も読まれていくでしょうから、
何十年後に史学を勉強する人たちも、このあとがきを読むことでしょう。
そのころには、3.11のことを研究する歴史家も出ているんでしょうね。そうおもうと不思議な気持ちになります。

-フランス文学, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

19世紀のフランス文学1今日からはじめます

日本美術史と同時進行で 19世紀のフランス文学1を今日からはじめたいと思います( ̄▽ ̄) 19世紀の西洋文学ラブです。 一番はイギリスのディケンズですが、 フランスのスタンダールやユゴーもだいすき。 …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察 …

no image

スタンダールの「赤と黒」感想

私がフランス文学と聞いて、まず思い浮かべるのがスタンダールの「赤と黒」です。 初めて読んだのは高校時代、父の部屋にあったのを拝借して読んだのがはじまりでした。 ジュリアンソレルという頭のいい美少年がと …

no image

帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのかという疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、 地域や時代順で解説している歴史書が多い中、 …

no image

戸部松実 『エミール談論』に書いてあった「ルソーの捨て子事件」について

タイトル:『エミール』談論 内容:エミールの中にかかれた 自然の教育とは、 ルソーのいう人間、市民の定義とは、当時の里子についてなど、テーマごとに談論という形式で エミールを読み解いていくというスタイ …