文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学 ヨーロッパ史

ミシュレ『フランス史1~6』も読みました。

投稿日:

先週末ほどミシュレにささげた週末はないでしょう・・・
ミシュレ『フランス史1、2、3、4、5、6』読みました。

一冊がけっこうな厚さなので、速読(拾い読み?)モードでよみましたよ・・・。

ミシュレ『フランス革命史』の前段階に当たるフランス史で、
物語の始まりはガリア人から。

哲学者ヴィコーから学んだ精神から

「人間の歴史が宿命に対する自由の闘争である」との思想の上で
フランス史を書いていっています。

40年かけて書き上げたフランス史のなかに、
彼はプロメテウス的進化をみていました。
彼の歴史は過去の再現による「復活」の歴史なんですよね。

だから、「フランス史」と「フランス革命史」をタイトルを分けて、別にした。
復活前のフランス史が「フランス史」で
復活に関するフランス史が「フランス革命史」。
フランス革命に新生フランス誕生をみていたミシュレ。
私の大好きなユゴーのミュージカルの歌詞で
The blood of the martyrs will water the meadows of france!
というフレーズがありますが、ミシュレの描く世界もこういうかんじ。
フランス革命→二都物語 というイメージの私としては
ミシュレやユゴーたちは フランス革命の美化?がちょっとすぎるなっておもいます・・・

このあたりは、いかにもロマン主義的な感じがします。

この本の和訳、けっこう新しい本なんですよね・・・
たしか、私が史学を専攻していたころ、ミシュレの『フランス史』は和訳では存在しなかった気がする。

フランス史を勉強する方は、この本はフランス史学の原点?なので、ぜひとも読んでみてほしいです。

フランス史6巻が最終巻ですが、この本の発行が2011年の秋でした。
あとがきに、地震、津波、原発事故の事が載ってました。
原発は明らかに人災とかいてありました

ミシュレの和訳は、今後何十年も読まれていくでしょうから、
何十年後に史学を勉強する人たちも、このあとがきを読むことでしょう。
そのころには、3.11のことを研究する歴史家も出ているんでしょうね。そうおもうと不思議な気持ちになります。

-フランス文学, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ヘーゲル『歴史哲学講義』読んでレポート作成。

  歴史哲学のレポート作成のためにヘーゲルの『歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)』を読みました。 人間がほかの動物とは違うのは、思考するからだ と、理性について述べ、 「理性の世界支配」と  …

no image

マルク ブロック 『封建社会』感想

西洋史専攻なら避けて通れない大家の基本中の基本の本、いまさらながらに読んでいます。 この本、歴史はもちろん、ヨーロッパの地理に明るくないと、難しい本です。 タイトルのとおり、封建社会について述べられて …

no image

『イギリス史 (世界各国史)』にある封建制の説明

イギリス史の概要をつかむためにイギリス史 (世界各国史)を読みました。 このシリーズ、歴史関係ではおなじみの本ですね~!!イギリスのははじめてよみましたが、なんか、、文字が大きかった・・・・気のせい? …

no image

名画で聖書をたどる!『アートバイブル』感想

実家から持って帰ってきた本の1冊に『アートバイブル』という本があります。 こちらも面白い一冊なんです。聖書のワンシーンを描いた名画とシーンの一節が書かれた、聖書名シーン集+宗教絵画集のような本で、 旧 …

no image

イギリスの封建制度 マグナカルタ以降について

3、マグナ・カルタ 王権の伸長を狙っていたジョン王は、封主であるフランス王に逆らい、戦争に負け大陸領を没収された。ジョンは王の封建的諸権利に基づき統治をし、権利の侵害も盛んに行っていた。そのためしばし …