文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

もう、何度目でしょう、、、アウグスティヌス『告白(下巻)』を再読

投稿日:

3年目に入った通教ライフですが、たぶん、3年間で一番読んでいる本はこちら
アウグスティヌスの『告白 下巻』でしょう。

ぶっちぎり。

一年のころ、まずは西洋哲学史を出そうと思って、読み進め始めたのですが、
何度読んでもレポートがかけるきがしない。
たぶん2011年4月から12月まで毎日読みました。

年末年始の旅行でも、これを持って旅行しました。

西洋哲学史のレポートは
○○を読んで興味のある箇所をうんぬん~というかんじで、テーマを決めさせるタイプ。

こういうタイプが一番苦手。

読んでみるものの、何を書いたらいいのかさっぱりで
 『告白』読んだけど、でもレポート書けない。一生かける気がしない
こういうかんじでした。

が、5月に書いた「科学哲学」のレポート
西洋哲学史1のレポートに関するヒントをくれたきがします。

今週末にも、レポートを取り掛かろうと思いますが、
興味ある箇所が2つあります。
1、時間論
2、神の存在証明

1なら、科学哲学のレポートを使いまわし出来るので、かなりショートカットできそうですが、
採点担当が同じ人だったら、、、と思うと、ちょっと気まずい。

2の、、神の存在証明の過程で、
アウグスティヌスが内省により 神をさがしに記憶の引き出しに入るところが
個人的に好きなので、
その辺をやろうかしら・・・迷います。

が、そこが哲学なのかが馬鹿な私にはまだ読み足りない・・・
週末、アウグスティヌス関連の本さがしにいきます

岩波文庫の『告白』は
上巻がアウグスティヌスが改宗するまでの自伝
下巻がアウグスティヌスの哲学的、神学的考え が中心となっています。

両方読むのが一番ですが、
どちらか一方しか読む時間がない。。。という場合は
哲学勉強するなら「下巻」を買うのをオススメします

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

 

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、 プレハーノフは社会主義者目線で、歴史における個人の役割について考えました。 社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノ …

no image

シュヴェーグラー『西洋哲学史 下巻』読んだ!

西洋哲学史2のレポートを書くために岩波文庫のシュヴェーグラー『西洋哲学史 (下巻) (岩波文庫 (33-636-2)) 』を読みました下巻はちょうどデカルトからはじまってます。 この本の「明晰判明~」 …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる②ヘーゲルとプレハーノフの歴史哲学

前回に続き、大学時代に書いた歴史哲学のレポートです。 レポート課題はわすれました。ヘーゲルとプレハーノフを読んで云々だとおもいます 今回はプレハーノフから。プレハーノフはどこにもうってなくって、手に入 …

no image

シュベグラー『西洋哲学史上巻』アリストテレスの部分・・・感想

タイトル:西洋哲学史 (上巻) (岩波文庫 (33-636-1)) 内容:西洋哲学史を時代別に解説。プラトン・アリストテレスあたりが比較的細かく説明。 シュベグラーの西洋哲学史上巻をちょいとランチ時に …

no image

『時間論の構築』再読

ちょうど今から1年前の2012年5/15に、中山康雄『時間論の構築』を読みました。たしか、ブログにも「さっぱりだった~」みたいな感想を書いたような・・・・。 1年前はなに書いてあるのかさっぱりでしたが …