文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

もう、何度目でしょう、、、アウグスティヌス『告白(下巻)』を再読

投稿日:

3年目に入った通教ライフですが、たぶん、3年間で一番読んでいる本はこちら
アウグスティヌスの『告白 下巻』でしょう。

ぶっちぎり。

一年のころ、まずは西洋哲学史を出そうと思って、読み進め始めたのですが、
何度読んでもレポートがかけるきがしない。
たぶん2011年4月から12月まで毎日読みました。

年末年始の旅行でも、これを持って旅行しました。

西洋哲学史のレポートは
○○を読んで興味のある箇所をうんぬん~というかんじで、テーマを決めさせるタイプ。

こういうタイプが一番苦手。

読んでみるものの、何を書いたらいいのかさっぱりで
 『告白』読んだけど、でもレポート書けない。一生かける気がしない
こういうかんじでした。

が、5月に書いた「科学哲学」のレポート
西洋哲学史1のレポートに関するヒントをくれたきがします。

今週末にも、レポートを取り掛かろうと思いますが、
興味ある箇所が2つあります。
1、時間論
2、神の存在証明

1なら、科学哲学のレポートを使いまわし出来るので、かなりショートカットできそうですが、
採点担当が同じ人だったら、、、と思うと、ちょっと気まずい。

2の、、神の存在証明の過程で、
アウグスティヌスが内省により 神をさがしに記憶の引き出しに入るところが
個人的に好きなので、
その辺をやろうかしら・・・迷います。

が、そこが哲学なのかが馬鹿な私にはまだ読み足りない・・・
週末、アウグスティヌス関連の本さがしにいきます

岩波文庫の『告白』は
上巻がアウグスティヌスが改宗するまでの自伝
下巻がアウグスティヌスの哲学的、神学的考え が中心となっています。

両方読むのが一番ですが、
どちらか一方しか読む時間がない。。。という場合は
哲学勉強するなら「下巻」を買うのをオススメします

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

 

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

斉藤孝『ざっくりわかる西洋思想史』感想

声に出して読みたい日本語でおなじみ斎藤孝先生の本を読んでみました。 齋藤孝のざっくり!西洋思想 価格:1,575円(2012/4/24 15:40時点)感想(0件) 斉藤孝先生の講義は明大にいたころか …

no image

昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・

昨日も今日もそして、多分明日もアウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。 枕頭の書として欠かせない本ですね。 線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、 まだ迷い中。 …

no image

ヘーゲル『歴史哲学講義』読んでレポート作成。

  歴史哲学のレポート作成のためにヘーゲルの『歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)』を読みました。 人間がほかの動物とは違うのは、思考するからだ と、理性について述べ、 「理性の世界支配」と  …

no image

ルソー『エミール 第一編』を読みました!

教育思想史のレポートを書こうと、エミールを読みました。エミール、家にあるのを読んでみたのですが、この本の発行が昭和33年・・・・わたしの親が生まれた年のものです・・ルソーじゃなくって「ルソオ」で、エミ …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …