文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 東洋史

日本史特殊2『日本キリスト教史』読みました。

投稿日:

正直日本史には魅力を感じないのですが、日本キリスト教史は面白い。

コチラの本では、ザビエルたちイエスズ会が布教し、広がっていく過程から
日本の権力者サイドでのキリスト教への態度の変化や
日本で布教されてきたキリスト教の教義がどのようなものであったかなど
いままでしらなかったことだらけでいろいろ新鮮でした。

ザビエルは神を「大日」と訳していたけど、のちにあらためられたとか、

イエスズ会⇒カトリックなので、 
一般のキリシタンは聖書を読むことができなかった

伴天連追放令のあたりがレポート課題なので、
キリスト教徒に好感持っていた信長から、秀吉の時代にかわり、
どのような意図で令が出されたのか、
どういう影響が出たのか、
詳しく書かれているので、この本だけでレポートがかけちゃうかも。
でも、参考文献1冊はさすがにまずいので、つぎなる本を探しますー

ランキング参加しています。

にほんブログ村

-キリスト教史, 東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス 記憶論

アウグスティヌス 記憶論のレポートのつづきです   3、想起 記憶によって内部に保管されたものは、想起によって確認される。しかし、いつでもすべてを想起するということはできない。「かつて恐れた …

no image

『結社の世界史2 結社が描く中国近現代』から太平天国の乱なるものを調べた

東洋史概説1がちっともすすまないので、2からやってます。 宗教結社に関するレポートなので、まずは太平天国に関する本を読みました。 結社の世界史②結社が描く中国近現代 (結社の世界史)という本です。 太 …

no image

「孫子・呉起列伝」の富国強兵について

 中国史最古の歴史書である司馬遷の書いた『史記』は、古代中国の歴史を知る上で重要であるばかりでなく、当時の文化、思想、社会情勢を豊かに描き出している。  『史記』は主に君主を中心とした軍事史、政治史的 …

no image

『ラストエンペラーと近代中国 (中国の歴史)』を読みました

太平天国の乱について、他の書物でも読みました。 ココでは、洪秀全の活動履歴だけでなく、洪秀全の生まれ育った環境に視点を向けているページがあります。 洪秀全は客家なのだそうです。 客家とは、漢民族の1グ …

no image

『よくわかる旧約聖書の歴史』もよみました。

日本基督教団出版局さんが出している樋口先生の『よくわかる旧約聖書の歴史』を読みました。 倫理学の勉強として読み始めたのですが、タイトルの通り、倫理に関する項目はあまりなく聖書考古学や聖書歴史学の分野の …