文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 東洋史

日本史特殊2『日本キリスト教史』読みました。

投稿日:

正直日本史には魅力を感じないのですが、日本キリスト教史は面白い。

コチラの本では、ザビエルたちイエスズ会が布教し、広がっていく過程から
日本の権力者サイドでのキリスト教への態度の変化や
日本で布教されてきたキリスト教の教義がどのようなものであったかなど
いままでしらなかったことだらけでいろいろ新鮮でした。

ザビエルは神を「大日」と訳していたけど、のちにあらためられたとか、

イエスズ会⇒カトリックなので、 
一般のキリシタンは聖書を読むことができなかった

伴天連追放令のあたりがレポート課題なので、
キリスト教徒に好感持っていた信長から、秀吉の時代にかわり、
どのような意図で令が出されたのか、
どういう影響が出たのか、
詳しく書かれているので、この本だけでレポートがかけちゃうかも。
でも、参考文献1冊はさすがにまずいので、つぎなる本を探しますー

ランキング参加しています。

にほんブログ村

-キリスト教史, 東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

「孫子・呉起列伝」の富国強兵について

 中国史最古の歴史書である司馬遷の書いた『史記』は、古代中国の歴史を知る上で重要であるばかりでなく、当時の文化、思想、社会情勢を豊かに描き出している。  『史記』は主に君主を中心とした軍事史、政治史的 …

no image

昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・

昨日も今日もそして、多分明日もアウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。 枕頭の書として欠かせない本ですね。 線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、 まだ迷い中。 …

no image

『中国漢代人物伝』読み終え

この本、タイトルとおりの硬い歴史本かとおもいきや、面白い本でした。 まず、自らの中国留学で目の当たりにした中国人の日常と中国人の気質についての話が面白い 中国人って、すごく我を通しますよね。中国の古典 …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その1、今中東がどういう状況なのか

『シリア アサド政権の40年史』昼休みに30ページくらい読みましたー。歴史学者の本と比べると、臨場感あるし、回りくどい単語使わないので、すごく読みやすい本です。 今、アラブで起こっている 革命?混乱? …

no image

帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのかという疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、 地域や時代順で解説している歴史書が多い中、 …