文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 東洋史

日本史特殊2『日本キリスト教史』読みました。

投稿日:

正直日本史には魅力を感じないのですが、日本キリスト教史は面白い。

コチラの本では、ザビエルたちイエスズ会が布教し、広がっていく過程から
日本の権力者サイドでのキリスト教への態度の変化や
日本で布教されてきたキリスト教の教義がどのようなものであったかなど
いままでしらなかったことだらけでいろいろ新鮮でした。

ザビエルは神を「大日」と訳していたけど、のちにあらためられたとか、

イエスズ会⇒カトリックなので、 
一般のキリシタンは聖書を読むことができなかった

伴天連追放令のあたりがレポート課題なので、
キリスト教徒に好感持っていた信長から、秀吉の時代にかわり、
どのような意図で令が出されたのか、
どういう影響が出たのか、
詳しく書かれているので、この本だけでレポートがかけちゃうかも。
でも、参考文献1冊はさすがにまずいので、つぎなる本を探しますー

ランキング参加しています。

にほんブログ村

-キリスト教史, 東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

レポ締切あと一週間なんですけど、試験結果はまだ?

また、、じらしますね(笑) 前回の試験結果がまだきません。 ぎっくり腰のため、勉強しないでのぞんだ捨て試験でしたが、 それでも結果は気になるものです。 いま、史記にはまって、レポート停滞中 それに加え …

no image

科学哲学のレポート2アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

科学哲学のレポートその2です。 課題タイトルはアウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いです。 今回はアウグスティヌスの時間論に関して。アウグス ティヌス 告白 (下) (岩波文庫 青 …

no image

ユダヤサイドから見た西洋史を読む!『ユダヤ人の歴史』感想

  タイトル:ユダヤ人の歴史 (世界歴史叢書) 内容:古代から現代までのユダヤ人の歴史について書かれた本です。ユダヤ人に関する本はたくさんありますが、こちらの本の特徴は、著者がユダヤ人という …

no image

『ヨーロッパの中世美術 大聖堂から写本まで』感想

タイトル:ヨーロッパの中世美術―大聖堂から写本まで (中公新書) 内容:中世の絵画、彫刻から大聖堂など、中世美術史を代表する作品とともに時代背景なども説明されている本。 面白そうな本を見つけ、購入して …

no image

今日から東洋史概説1