文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム

『カラー版 メッカ―聖地の素顔』 感想

投稿日:


タイトル:カラー版 メッカ―聖地の素顔 (岩波新書)
内容:メッカへの巡礼の様子が載っています

岩波新書にはめずらしい?写真ばかりの本です。

メッカといえばイスラームの聖地です。
ムスリムの人たちは一生に一度はメッカを巡礼するのですが、

その、巡礼の様子が詳しくのっています。

白装束に身をつつんだムスリムたちが
カーバ神殿に集まり、礼拝しているすがたはメディアなどでよく見ます。

でも、メッカ巡礼の流れが書いてある本は珍しい。

カーバ神殿で祈るだけじゃなく、
石を投げたりする儀式とか、
最後は男性の多くが髪をそるとか

はじめて知りました。

イスラーム教徒の巡礼。奥が深いですね。

-イスラーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アランパーカー「オスマン帝国衰亡史」感想

今日はアランパーカーと言う人が書いた 「オスマン帝国衰亡史」という本を読みました。 【まとめ買いで最大15倍!5月15日23:59まで】ローマ帝国衰亡史 全10巻 価格:14,385円(2012/4/ …

no image

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想

  タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリーオマルハイ …

no image

マイケルクック「一冊でわかるコーラン」感想

ほんのタイトルが大きく「コーラン」と書かれていたので、コーランの日本語訳が読めるとおもいよんでみました。 【送料無料】 コーラン 1冊でわかる / マイケル・クック 【全集・双書】 価格:1,575円 …

no image

アサド政権下のシリアのこと。

私の持っている地球の歩き方のタイトルは「ヨルダン シリア レバノン」ですが、最新号はシリアとレバノンが小文字になっています。先日、シリア大使が国外退去になりましたので、「シリア」は来年から、しばらく無 …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その2 シリア内乱のはじまり について

シリアの内乱について、アルジャジーラや欧米のメディアの報道を書き写しただけみたいな日本の新聞の情報がお茶の間に 事実真実のように伝わっちゃってますが、 こちらの本は、この内乱が終わって、情報操作の内部 …