文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム

『カラー版 メッカ―聖地の素顔』 感想

投稿日:


タイトル:カラー版 メッカ―聖地の素顔 (岩波新書)
内容:メッカへの巡礼の様子が載っています

岩波新書にはめずらしい?写真ばかりの本です。

メッカといえばイスラームの聖地です。
ムスリムの人たちは一生に一度はメッカを巡礼するのですが、

その、巡礼の様子が詳しくのっています。

白装束に身をつつんだムスリムたちが
カーバ神殿に集まり、礼拝しているすがたはメディアなどでよく見ます。

でも、メッカ巡礼の流れが書いてある本は珍しい。

カーバ神殿で祈るだけじゃなく、
石を投げたりする儀式とか、
最後は男性の多くが髪をそるとか

はじめて知りました。

イスラーム教徒の巡礼。奥が深いですね。

-イスラーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『イスラームとコーラン』 (講談社学術文庫) 感想

 タイトル:イスラームとコーラン (講談社学術文庫) 容:イスラームについて、コーランについての説明が多角的、わかりやすく書かれている本です。 最近イスラーム関連の本ばかり読んでいるので、ア …

no image

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想

  タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリーオマルハイ …

no image

余部福三 『イスラーム全史』感想

【送料無料】 イスラーム全史 / 余部福三 【単行本】 価格:3,675円(2012/4/20 13:23時点)感想(0件) 昨日の昼から今日にかけて イスラーム全史という本を読んでいます。 この本、 …

no image

千一夜物語1巻 感想

 タイトル:完訳 千一夜物語〈1〉 (岩波文庫) 翻訳:豊島 与志雄  佐藤 正彰  渡辺 一夫 岡部 正孝   超簡単なあらすじ:大臣の娘が王に 毎晩毎晩お話を聞かせることによって、殺され …

no image

『トルコ史』文庫クセジュ  感想

 タイトル:トルコ史 (1982年) (文庫クセジュ) あらすじタイトルの通り、トルコの歴史を年代別に書いてある概説的な本。 白水社の文庫クセジュで出ている「トルコ史」を読んでみました。図書 …