文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

東洋史

レポ締切あと一週間なんですけど、試験結果はまだ?

投稿日:

また、、じらしますね(笑)
前回の試験結果がまだきません。
ぎっくり腰のため、勉強しないでのぞんだ捨て試験でしたが、
それでも結果は気になるものです。
いま、史記にはまって、レポート停滞中
それに加えて、
昨日からはじめた東洋史概説2の秘密結社もおもしろくて
レポート
すすみません(⌒-⌒; )
中国史、危険だわ
今週末は楽しみな静岡旅。
金曜夜(最悪土曜夜明け)までに2科目仕上げます!
現在
東洋史概説1 1560文字
東洋史概説2 0文字

-東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

「孫子・呉起列伝」の富国強兵について

 中国史最古の歴史書である司馬遷の書いた『史記』は、古代中国の歴史を知る上で重要であるばかりでなく、当時の文化、思想、社会情勢を豊かに描き出している。  『史記』は主に君主を中心とした軍事史、政治史的 …

no image

『ラストエンペラーと近代中国 (中国の歴史010) 』再度読む

東洋史概説2のレポート不合格で戻ってきました。文字数足りなすぎる、諸内乱のまとめはよかったけど、それらを関連付けたレポートを!というコメントをいただきました。 そして、 「ラストエンペラーと近代中国 …

no image

日本史特殊2『日本キリスト教史』読みました。

正直日本史には魅力を感じないのですが、日本キリスト教史は面白い。 コチラの本では、ザビエルたちイエスズ会が布教し、広がっていく過程から日本の権力者サイドでのキリスト教への態度の変化や日本で布教されてき …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その2 シリア内乱のはじまり について

シリアの内乱について、アルジャジーラや欧米のメディアの報道を書き写しただけみたいな日本の新聞の情報がお茶の間に 事実真実のように伝わっちゃってますが、 こちらの本は、この内乱が終わって、情報操作の内部 …

no image

『図説 史記の世界』を借りてきました。

史記が面白すぎて、借りてきちゃいました ふくろうの本の図説『史記の世界』ふくろうさん、写真が多くて大好き。 『史記の世界』は、読むというより「みる本」でした。 史記の舞台となった世界の写真とともに史記 …