文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 西洋美術史

名画で聖書をたどる!『アートバイブル』感想

投稿日:

実家から持って帰ってきた本の1冊に
アートバイブル』という本があります。

こちらも面白い一冊なんです。
聖書のワンシーンを描いた名画と
シーンの一節が書かれた、聖書名シーン集+宗教絵画集のような本で、

旧約から新約聖書まで、さまざまなシーンの絵画を見ることができます。
DSCF2551

この本では中世、ルネサンス、マニエリスム、バロック、ロココ
美術史の流れは無視して、まぜこぜになっています。

なんでこのシーン、この画家の絵を選んだのだろう?
ほんの編集側のことを考えながら、じっくり読み返し。

DSCF2552

イタリアルネサンスが好きなので、
もちろん宗教画も好きです。

このシーンはこの画家のあの作品が一番好き!!というのがいくつかありますが、
この本とはだいぶずれていました。

たとえば、、、

ユダが裏切りイエスを引き渡すシーン。
私はマザッチョがブランカッチ礼拝堂に描いた絵が、一番好きですが、
ここも違っていました。

最後の審判は、ジョットがパドヴァのスクロヴェリーニ礼拝堂に描いたものが一番印象に残っていますが、
ここも違いますね。

東方三博士の礼拝は、ボッティチェリの作品がメディチ色して大好きですが、
ココでは載ってないですね。
イエスの磔刑は、エルグレコの絵を真っ先に連想しますが、
ここも。。。違う。

この本の編集者は、美術品をたくさん見ている方のようで、
見たことない絵が結構あって、
好みが結構ちがっていて、

違う見方で楽しむことができました。

-ヨーロッパ史, 西洋美術史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

佐藤賢一著『英仏百年戦争』感想

  タイトル:英仏百年戦争 (集英社新書) 直木賞作家佐藤賢一著。英仏百年戦争とは何か。そもそも本当に100年の戦争だったのか百年戦争の原因をノルマンコンクェストから掘り下げて解説してくれて …

no image

E・H・カー『歴史とは何か』を読みはじめました。

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポートに取り掛かりました。史学概論は、大学 …

no image

イギリスの封建制度 マグナカルタ以降について

3、マグナ・カルタ 王権の伸長を狙っていたジョン王は、封主であるフランス王に逆らい、戦争に負け大陸領を没収された。ジョンは王の封建的諸権利に基づき統治をし、権利の侵害も盛んに行っていた。そのためしばし …

no image

マルク ブロック 『封建社会』感想

西洋史専攻なら避けて通れない大家の基本中の基本の本、いまさらながらに読んでいます。 この本、歴史はもちろん、ヨーロッパの地理に明るくないと、難しい本です。 タイトルのとおり、封建社会について述べられて …

no image

『これだけは知っておきたい聖書の考古学』感想

現在「オリエント考古学」の勉強中です。 入っている慶友会「東京三田クラス」のあつまりは、土曜のPMなので、AMは慶應三田キャンパスのメディアセンターに行くようにしています。 今回は、先週後半からはじめ …