文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学

19世紀のフランス文学1のテキストからレポート課題を拾う・・・が

投稿日:

早起きして19世紀のフランス文学1のテキストを読んだのですが、
面白いですね~。

でも、私の理想とするレポートはかけなさそうなことが発覚しました(笑)
古典主義とロマン主義の代表作をあげて比較~とか、そんな感じのレポなんですが、
 

ロマン主義以前は、「小説」はさげずまれていた~みたいな表現があって、
ん。。。とおもい、古典主義時代に書かれた代表作をwikiでしらべてみると・・・
どれも戯曲とか詩でした。詩も戯曲も両方嫌いwww

う・・・戯曲と小説を比較して書くレポートはかけないとおもい、
ここで挫折。
あーあー・・・アンジョルラス…ABCの友のこと書きたかった。


ココ半年くらい、レミゼのミュージカルにどっぷりつかってしまってるんですが、
ラミンの演じるアンジョルラスが素敵すぎてww

ロマン主義と古典主義の比較はあきらめましたが、
この科目、2つあるレポート課題の中から1つ選択なんです。

ミシュレがえらべるんです。

ミシュレは好きじゃないのですが、
ここに入学したばかりのころ、
西洋史概説2のフランス革命のレポートでミシュレ関連結構読んだので
土台はある程度あるからかけるかも?と方向転換することにしました。くさっても、一応元史学科卒だし・・

ただ、家にミシュレに関連する本・・・あるかな?
(EHカー『歴史とは何か』あたり書いてあったような気もする。
ブローデルの本にも書いてあったきもするけど・・・一応みてみます。)
とりあえず、メイン本はないので、週末図書館こもるしかないですね

日曜までにかけるかな?かけるかな・・・書く!!2ヶ月の遅れをとりもどす
まずは19世紀の歴史から復習。
10年以上前、、大学受験のときつくったノートで復習(^ν^)

image

-フランス文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『サルトル むかつき ニートという冒険』  感想

  タイトル:サルトル『むかつき』ニートという冒険 (理想の教室) 内容:サルトル著『嘔吐』の解説を、ニートに語りかける形で解いている本 サルトル『嘔吐』と一緒に、サルトル『むかつき』ニート …

no image

スタンダールの「赤と黒」感想

私がフランス文学と聞いて、まず思い浮かべるのがスタンダールの「赤と黒」です。 初めて読んだのは高校時代、父の部屋にあったのを拝借して読んだのがはじまりでした。 ジュリアンソレルという頭のいい美少年がと …

no image

19世紀のフランス文学1 レポート戻ってきた

19世紀のフランス文学1がもうもどってきました。 あまりにもひどい内容なので、 そのまま無採点でかえってきたかとおもいましたが、 ちゃんと採点されてましたー! ボロクソに書かれてましたが、 合格だった …

no image

ルソー『エミール』下巻に書いてある「旅について:という章は好き。

タイトル:エミール〈下〉 (岩波文庫青 622-3 ) 内容:ルソーの書いた教育書で、エミールという架空の人物に理想の教育をさせるというスタイルで書かれている。下巻は成長したエミールがどのような人間に …

no image

19世紀のフランス文学1今日からはじめます

日本美術史と同時進行で 19世紀のフランス文学1を今日からはじめたいと思います( ̄▽ ̄) 19世紀の西洋文学ラブです。 一番はイギリスのディケンズですが、 フランスのスタンダールやユゴーもだいすき。 …