文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 ヨーロッパ史

オリエント考古学のテキストにワクワク

投稿日:

オリエント考古学にチャレンジしたいと思います。

 
今日、オリエント考古学のテキストが届きました。
慶友会の方が、「オリエント考古学がとりやすいよ
とおっしゃっていましたが、さて、どうでしょう。

今回、初めての「配本じゃない科目」です。
本のタイトルが 図説 聖書考古学 旧約篇 (ふくろうの本)
なので、図が多いのだろうなぁと予想していましたが、
写真だらけですごくわかりやすそう!!

まだ、ぱらぱらめくった程度ですが、
これをテキストにしていいのかしら?というくらい
写真だらけです。
でも、説明も、ちゃんと詳しいものが書かれているみたいで、
数ページみただけで 引き込まれてしまいました。

仕事前に受け取って、
まだぜんぜん読めていないので、早く帰って読みたいです~。

これなら、10日くらいでレポート書けちゃうかも?
いや。。。興味あるジャンルなので、
いろいろ寄り道しそうな危険性もありますw

さっそく危険な兆候が発生しました・・・。
イスラエル行きたい病です。。手を滑らせ「地球の歩き方 イスラエル」をamazonで買っちゃいました。

amazonでテキスト買いましたが、
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という欄に出てくるのが、
慶應通信のテキストばかりでフフっとなりましたw

-キリスト教史, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『マグナ・カルタの世紀―中世イギリスの政治と国制』感想

タイトル:マグナ・カルタの世紀―中世イギリスの政治と国制1199ー1307 (歴史学選書) 内容:中世イギリス・・・マグナカルタが制定された13世紀を中心とした歴史の流れが説明されています。リチャード …

no image

塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人 …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …

no image

科学哲学のレポート1アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

科学哲学のレポートを挙げてみたいとおもいます。 科学哲学のレポートは、自由課題だったような気がするあ?違うかも?数点の中から選べだったかも?私はアウグスティヌスが好きなので、アウグスティヌスの時間論を …

no image

『中世ヨーロッパの都市世界 (世界史リブレット) 』感想

  タイトル:中世ヨーロッパの都市世界 (世界史リブレット) あらすじ中世ヨーロッパの都市の特徴が多角的視点から書かれている本です。 今日は母校の図書館でレポート仕上げていました。何冊も読ん …