文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

TSエリオット『キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法』感想

投稿日:

作品名:キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法 (ちくま文庫)
内容:詩人エリオットの、ねこばっかりの短編集。
気まぐれネコ、きれい好きなおばあさんネコ、政治大好きお金持ちなネコ
みんなに大切にされるおじいさんネコ、すばしっこい泥棒ネコなどなどが出てくる。
ミュージカル「CATS」の原作として有名。数ページ パグやポメラニアンも登場!

先日、横浜で ミュージカル「キャッツ」を見に行きました!
そこではじめて知ったのですが、

キャッツは TSエリオットが原作なんですね。
TSエリオットといえば、英文学を代表する詩人の一人で
ノーベル賞もとっているひとです。

小難しい作品しか読んだことなかったので、
キャッツの原作はどんなものかと思い
原作本を買って帰りました。

そうしたら、、
うんww
TSエリオットの好感度大幅にUP
まず、すごく読みやすいです。
そして、、読みやすいんですが、深い。
結構細かいものが忍ばせてあります。
キャッツのミュージカルの中で、
(これ、英語版みたら、結構韻踏んでいるんだろうなぁ)と
おもうところが多々あります。

本を読んでると、無性に英語版を読んでみたくなります。

厚みが無いので、英語の勉強にもなるし。。。

絶対。。。英語版を読んでみたほうが楽しそう。
なぜ、エリオットがネコの名前をそう名づけたか
英語を読めばすっきりしそうです。

コチラの本、あとがきもすごく面白かった。
ネコを人に当てはめると、わかりづらいかもしれませんといったことが書いてありましたが、
さすが、訳しただけあって、核心をついているなぁとおもったり。

ネコ好きにはもちろん、
マザーグースのような英国童話が好きな方にも
お勧めしたい。

英文科のかたには、
ぜひぜひ英訳と原書ペアで読んでほしい本でした~♪

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …

no image

斎藤勇先生の『イギリス文学史』~やっととどいた

お取り寄せしていた『イギリス文学史 (1974年) 』という本がやっと届きました。 レポート書くときのオススメ参考文献として載っていたこの本ですが、図書館から品が届いたのがレポート提出日過ぎてから・・ …

no image

【本】はじめて学ぶイギリス文学史 感想

  タイトル:はじめて学ぶイギリス文学史内容:イギリスの文学作品が歴史順に並んでいて、文学史を勉強する方におすすめ。原書と日本語訳の抜粋もあるので面白いです。 先週末は図書館でいろいろな本を …

no image

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

****なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなのであらすじについては消しました夏休み終わったら復活させますww クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていま …

no image

『ハリーポッターと賢者の石』 感想

 タイトル:ハリー・ポッターと賢者の石 (1) あらすじ主人公であるハリーポッターは、幼いころ両親をなくし、親戚の家で肩身の狭い暮らしを強いられていた。ある日やってきた、ホグワーツの番人ハグ …