文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 西洋美術史

ドレの挿絵がみごとな旧約聖書を買いました!

投稿日:

 

タイトル:ドレの旧約聖書

内容:19世紀の画家ドレの挿絵つきの旧約聖書 天地創造からマカベイまで。


ドレの旧約聖書 を買いました。

西洋史特殊1→オリエント考古学→倫理学という勉強の流れで、

旧約聖書がたびたび登場し、「旧約聖書を買わねば!」とおもい、
すぐほしくって、amazon待てずに本屋さんに探しに行きました。

うちの近所の本屋がダメダメなのか、これが普通なのかはわかりませんが
普通の「旧約聖書」売ってないです・・・
解釈本とかばかり。

解説の類以外は、
ドレの旧約聖書と マンガ旧約聖書と 超訳~というやつだけ。(超訳ってなんだろ?)

このなかで、選ぶならドレでしょう。。
ってことで、

ドレの挿絵がついた旧約聖書購入。
image

右ページに旧約聖書の物語
左ページにドレのドラマチックな挿絵が載っているこちらの本でした。

2ページで1つのストーリーになっているので、
見やすかったです。

言葉も現代のことばで、古臭くなく、すんなりよめます。

サムスンの話など、、気になっていたので、
サムスンとはどんな人だったのか、大まかに得ることが出来ました。

19世紀の画家「ドレ」の挿絵も秀逸で、
聖書の挿絵にふさわしいダイナミックさと
躍動感にみちたシーンの描き方など
惚れ惚れしながら楽しんで旧約聖書を読むことが出来ました。

image

この本、400ページ越えてて、結構厚いのに
1800円。
大学の参考文献は、これより薄くて4000円越えとかけっこうあるので、
金銭感覚マヒしてますw

ドレの挿絵シリーズ、
ほかにも 
ダンテの『神曲』
ミルトンの『失楽園』
もあるらしい・・・

ボッティチェリ好きとしては、
ボッティチェリの『神曲』挿絵と比較しながら
読んでみたいものです~。

あと、失楽園も気になる・・・
失楽園のサタンを、ドレはどのように描いているのでしょう・・・・

ランキング参加しています
ぽちっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-キリスト教史, 西洋美術史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポート作成のため、E …

no image

名画で聖書をたどる!『アートバイブル』感想

実家から持って帰ってきた本の1冊に『アートバイブル』という本があります。 こちらも面白い一冊なんです。聖書のワンシーンを描いた名画とシーンの一節が書かれた、聖書名シーン集+宗教絵画集のような本で、 旧 …

no image

アウグスティヌス 記憶論

アウグスティヌス 記憶論のレポートのつづきです   3、想起 記憶によって内部に保管されたものは、想起によって確認される。しかし、いつでもすべてを想起するということはできない。「かつて恐れた …

no image

『ヨーロッパの中世美術 大聖堂から写本まで』感想2 聖遺物と大聖堂→中世美術?

タイトル:ヨーロッパの中世美術―大聖堂から写本まで (中公新書) こちら、昨日読了いたしました。 「美術」とタイトルにあると、どうしても「絵画」を思い浮かべてしまいますが、この本では、「絵画」に関する …

no image

アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想

 タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫) あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(お …