文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 西洋美術史

ドレの挿絵がみごとな旧約聖書を買いました!

投稿日:

 

タイトル:ドレの旧約聖書

内容:19世紀の画家ドレの挿絵つきの旧約聖書 天地創造からマカベイまで。


ドレの旧約聖書 を買いました。

西洋史特殊1→オリエント考古学→倫理学という勉強の流れで、

旧約聖書がたびたび登場し、「旧約聖書を買わねば!」とおもい、
すぐほしくって、amazon待てずに本屋さんに探しに行きました。

うちの近所の本屋がダメダメなのか、これが普通なのかはわかりませんが
普通の「旧約聖書」売ってないです・・・
解釈本とかばかり。

解説の類以外は、
ドレの旧約聖書と マンガ旧約聖書と 超訳~というやつだけ。(超訳ってなんだろ?)

このなかで、選ぶならドレでしょう。。
ってことで、

ドレの挿絵がついた旧約聖書購入。
image

右ページに旧約聖書の物語
左ページにドレのドラマチックな挿絵が載っているこちらの本でした。

2ページで1つのストーリーになっているので、
見やすかったです。

言葉も現代のことばで、古臭くなく、すんなりよめます。

サムスンの話など、、気になっていたので、
サムスンとはどんな人だったのか、大まかに得ることが出来ました。

19世紀の画家「ドレ」の挿絵も秀逸で、
聖書の挿絵にふさわしいダイナミックさと
躍動感にみちたシーンの描き方など
惚れ惚れしながら楽しんで旧約聖書を読むことが出来ました。

image

この本、400ページ越えてて、結構厚いのに
1800円。
大学の参考文献は、これより薄くて4000円越えとかけっこうあるので、
金銭感覚マヒしてますw

ドレの挿絵シリーズ、
ほかにも 
ダンテの『神曲』
ミルトンの『失楽園』
もあるらしい・・・

ボッティチェリ好きとしては、
ボッティチェリの『神曲』挿絵と比較しながら
読んでみたいものです~。

あと、失楽園も気になる・・・
失楽園のサタンを、ドレはどのように描いているのでしょう・・・・

ランキング参加しています
ぽちっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-キリスト教史, 西洋美術史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想

 タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫) あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(お …

no image

科学哲学のレポート2アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

科学哲学のレポートその2です。 課題タイトルはアウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いです。 今回はアウグスティヌスの時間論に関して。アウグス ティヌス 告白 (下) (岩波文庫 青 …

no image

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛 …

no image

西洋哲学史レポート1 アウグスティヌスの記憶論

大学時代に書いた西洋哲学史1?のレポートもありました。 文字数的には、これはかきとちゅうのレポートだったかも?? このレポートはアウグスティヌスのレポートみたいです。中身は記憶論。 アウグスティヌス「 …

no image

ユダヤサイドから見た西洋史を読む!『ユダヤ人の歴史』感想

  タイトル:ユダヤ人の歴史 (世界歴史叢書) 内容:古代から現代までのユダヤ人の歴史について書かれた本です。ユダヤ人に関する本はたくさんありますが、こちらの本の特徴は、著者がユダヤ人という …