文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム 東洋史

『シリア アサド政権の40年史』読み始めました。

投稿日:

 

『職業としての政治』と現代社会うんぬんというレポート課題で
「現代社会」部分をどうしようかまよってます。
職業としての政治というタイトルなので、
現代社会の政治~あたりをレポートに書けばいいのかなぁとおもいましたが、

残念ながら、日本の政治を調べる魅力を感じない・・・・。

なので、一番興味のある一冊をかりてきました。

『シリア アサド政権の40年史』と言う本です。

2006年から4年間、シリアの大使だった方が書かれた本です。

実は、今週末から訪日する 相方の上司たちは、
みなさん、シリア&レバノンのあたりを調査している考古学者&P大の教授たちで、
シリアに長期滞在していた方ばかりなので、こういう本を読んでいたほうがいいかなぁとおもい
手に取りました。

3.11やら原発やらで、マスコミのうさんくささに気づかされた人も少なからずいらっしゃるかと思いますが、
シリアに関する報道も、だいぶ一方に偏ったされ方が日本に流れています。
それを鵜呑みにしている人多数。

去年末にTVを葬ったので最近はニュース見てませんが、おそらく変わってないでしょう・・・。

偏った報道を
現地を見ている著者はどういう説明をしてくれるのか、
すごく楽しみな一冊です。
早く帰って読みたいーー

-イスラーム, 東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

曾国藩の日記が心に響く~『清朝と近代世界』

 清朝と近代世界――19世紀〈シリーズ 中国近現代史 1〉 (岩波新書) という本を読みました。レポートに関係ありませんが、いくつか新しい雑学が増えました(笑) テキストなどに、「イギリスは …

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想ふたたび

井筒先生のイスラーム文化を再び読んでいます。今回のレポートのキーになる内容が沢山書かれているので熟読。 井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』岩波文庫で出ています。井筒 俊彦さんといえば、 …

no image

『イランとイスラム―文化と伝統を知る』 感想

 タイトル:イランとイスラム―文化と伝統を知る 内容:イランの歴史とは切り離せないゾロアスターとイスラームとの関係やイランといえば、シーア派。シーア派の歴史などが書いてある本イランとイスラム …

no image

『図説 史記の世界』を借りてきました。

史記が面白すぎて、借りてきちゃいました ふくろうの本の図説『史記の世界』ふくろうさん、写真が多くて大好き。 『史記の世界』は、読むというより「みる本」でした。 史記の舞台となった世界の写真とともに史記 …

no image

余部福三 『イスラーム全史』感想

【送料無料】 イスラーム全史 / 余部福三 【単行本】 価格:3,675円(2012/4/20 13:23時点)感想(0件) 昨日の昼から今日にかけて イスラーム全史という本を読んでいます。 この本、 …