文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム 東洋史

『シリア アサド政権の40年史』読み始めました。

投稿日:

 

『職業としての政治』と現代社会うんぬんというレポート課題で
「現代社会」部分をどうしようかまよってます。
職業としての政治というタイトルなので、
現代社会の政治~あたりをレポートに書けばいいのかなぁとおもいましたが、

残念ながら、日本の政治を調べる魅力を感じない・・・・。

なので、一番興味のある一冊をかりてきました。

『シリア アサド政権の40年史』と言う本です。

2006年から4年間、シリアの大使だった方が書かれた本です。

実は、今週末から訪日する 相方の上司たちは、
みなさん、シリア&レバノンのあたりを調査している考古学者&P大の教授たちで、
シリアに長期滞在していた方ばかりなので、こういう本を読んでいたほうがいいかなぁとおもい
手に取りました。

3.11やら原発やらで、マスコミのうさんくささに気づかされた人も少なからずいらっしゃるかと思いますが、
シリアに関する報道も、だいぶ一方に偏ったされ方が日本に流れています。
それを鵜呑みにしている人多数。

去年末にTVを葬ったので最近はニュース見てませんが、おそらく変わってないでしょう・・・。

偏った報道を
現地を見ている著者はどういう説明をしてくれるのか、
すごく楽しみな一冊です。
早く帰って読みたいーー

-イスラーム, 東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想

  タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリーオマルハイ …

猫愛がつまった「猫の日本史」をよんでみた感想

ねこが大好きです(╹◡╹) なので、タイトルに惹かれて手にとってみました。 洋泉社ででている  猫の日本史 です。 今年出たばかりの本ですよー♪(´ε` ) 歴史作家の桐野作人先生が書いてます。 この …

no image

「孫子・呉起列伝」の富国強兵について

 中国史最古の歴史書である司馬遷の書いた『史記』は、古代中国の歴史を知る上で重要であるばかりでなく、当時の文化、思想、社会情勢を豊かに描き出している。  『史記』は主に君主を中心とした軍事史、政治史的 …

no image

帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのかという疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、 地域や時代順で解説している歴史書が多い中、 …

no image

アランパーカー「オスマン帝国衰亡史」感想

今日はアランパーカーと言う人が書いた 「オスマン帝国衰亡史」という本を読みました。 【まとめ買いで最大15倍!5月15日23:59まで】ローマ帝国衰亡史 全10巻 価格:14,385円(2012/4/ …