文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ

投稿日:

英語3のテキストにも載っている
ジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。
こちらには、
一冊に、複数の短編が入っている本です。
象の撃つは2番目のお話。
ビルマに駐在している英国人保安官の主人公が
さかりのついて暴れた象を撃つ話なのですが、

英語3のテキストでは、伝わらなかった細かい文中の表情が
日本語だと伝わってきて、、ああ、こういう話だったのかぁと
しみじみ。

象を前にする主人公の状態と
大英帝国による植民地支配のあり方について考えているシーンや、
撃った象がなかなか死なずに、いろんな箇所を撃つシーンなど、印象にのこりました。。。

ネガティブさが、どうも苦手ですが、
まだ、ほかの話は読んでいないので、
じっくり読んでみようと思います。

この本、編者が「川端康雄教授」です。
かつての恩師です。
たしか、当時もオーウェルのウィガン波止場~をやりました。
クラスのみんなとブーブーいいながら、順番に訳しました。
懐かしいです。優しい先生でした。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『リトル ドリット』感想その3

タイトル:リトル ドリット(日本語版は絶版のためamazonでは売っていません・・・)内容:債権者監獄で20年以上生活していたドリット家が、ひょんなことからすごく遠縁(?)の遺産を相続し、貧しい生活か …

no image

ディケンズ『リトル・ドリット』感想その2

リトルドリット、まだまだ読み途中です。 まだ、話のオチがぜんぜん読めなくって、むずむずしています。 リトルドリットというタイトルですが、 どうやらアーサークレナム氏が話の中心となっているようです。リト …

no image

オーウェル『動物農場』読み終えましたが、この本、すごい!!!

衝撃受けました。なんというか・・・、こんなん初めて読みました。 人間を追い出してから、動物たちが動物たちだけの農場を経営し、 国のような物をつくりあげていくのですが、さいしょ、人間のいない、理想の農場 …

no image

アイルランドの詩人 イェイツの世界

 文学科のカテゴリーがイマイチわからないのですが、 英語圏のアイルランド文学は「英米文学」になるのでしょうか。 アイルランドもすばらしい作品が沢山ありますよね。 以前、アイルランドに上陸した …

no image

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』感想

【中古】 ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1) 価格:200円(2012/4/18 13:03時点)感想(0件) 今日は英文学を楽しみました。何度読んでも味があるシャーロット・ブロンテの …