文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ

投稿日:

英語3のテキストにも載っている
ジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。
こちらには、
一冊に、複数の短編が入っている本です。
象の撃つは2番目のお話。
ビルマに駐在している英国人保安官の主人公が
さかりのついて暴れた象を撃つ話なのですが、

英語3のテキストでは、伝わらなかった細かい文中の表情が
日本語だと伝わってきて、、ああ、こういう話だったのかぁと
しみじみ。

象を前にする主人公の状態と
大英帝国による植民地支配のあり方について考えているシーンや、
撃った象がなかなか死なずに、いろんな箇所を撃つシーンなど、印象にのこりました。。。

ネガティブさが、どうも苦手ですが、
まだ、ほかの話は読んでいないので、
じっくり読んでみようと思います。

この本、編者が「川端康雄教授」です。
かつての恩師です。
たしか、当時もオーウェルのウィガン波止場~をやりました。
クラスのみんなとブーブーいいながら、順番に訳しました。
懐かしいです。優しい先生でした。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

トマスモア『ユートピア』感想

タイトル:ユートピア (岩波文庫)  内容:イギリスの人文主義者トマスモアによる書物。空想の国ユートピアを語りつつ、イギリス国内の政治などに対する悪口ぶつぶつ書いた本(?) トマスモアのユー …

no image

チャールズ・ディケンズ『リトル・ドリット』途中まで 感想

  タイトル:リトル・ドリット 内容:(まだ読み途中なので、、断片的ですが) 中国から帰ってきたアーサー債権者監獄で生まれたリトルドリット元囚人のイタリア人 と自称コスモポリタン リゴー デ …

no image

イギリス版『キャッツ』のDVDを購入~。TSエリオットはやっぱりすごい。

ESエリオット原作のミュージカル「キャッツ」のDVDを購入しました。 DVDのいいところは、字幕を変更できるところです。 劇団四季の「キャッツ」は何度かみたので、ストーリーやせりふを覚えているので、 …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本その2。17世紀後半以降

英文学史?のレポート???その1 の続きもアップします。昔のことなのであまりおぼえていないけど、近世英文学史の「詩」についてのまとめだとおもいます。 私は英文学は小説が好きなのです。とくにディケンズが …

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …