文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

斎藤勇先生の『イギリス文学史』~やっととどいた

投稿日:

お取り寄せしていた『イギリス文学史 (1974年) 』という本が
やっと届きました。

レポート書くときのオススメ参考文献として載っていたこの本ですが、
図書館から品が届いたのがレポート提出日過ぎてから・・・・
うちの近所に同志がいる予感がしますwww

レポの参考にはできませんでしたが、
テスト勉強の一環?で読んでみます。

まず。この本かなりの年代物ですね。昭和40年代のものです。
私の親が生まれたのがたしか昭和33?あたりなので、時代を感じます・・・

漢字が旧字なので、ときどき(???この漢字はなんて読むんだ?)というところ多々。
たとえば譯とか・・・??としばらく疑問におもいつ飛ばしていましたが、
どうやら、「訳」という言葉の旧字体みたいですね。

私の親世代に大學とか、會館とか、そんな漢字を使っていた(??)とは、
ジェネレーションギャップを感じます(ーー;)

他にもいろいろ
日本語に 引っかかりながら読んでいました。
ヨーロッパの歴史や文化を学ぶ前に日本語やれとかいわれそうですが、
興味がないので仕方がない…

残念ながら 最近すごく気になる
「フィリップシドニー」に関する新たな知識は
得られませんでした。

しかし、
シェイクスピアに関する記述が面白くって、ふおお、、と楽しんで読むことができました。
シェイクスピアの作品は、年代によってこんな傾向があります~なんてことを知っていると、
いざ作品を読むときに楽しみが増すに違いない(*^。^*)

近世英文学史のテキストでもそうですが、
人名と、作品名が英語で書かれているので、
何度読んでも
重要な事項が覚えられない難点もありますが、やっぱり英文学はおもしろいですねぇ。

この本が、今のところ英文学の概要をいちばん押さえている本~とかいてありましたが、

英文学科とは関係のない私としては この本より、先日読んだ 

はじめて学ぶ英文学史

のほうが、わかりやすくて身に入りました

 

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

(感想 ディケンズ)【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 この著者はディケンズの研究家みたいだったので、ディケンズの濃い話がかいてあって、ワクワクしながら3度読みしちゃいまし …

no image

ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ

英語3のテキストにも載っているジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。こちらには、一冊に、複数の短編が入っている本です。象の撃つは2番目のお話。ビルマに駐在している英国人保 …

no image

ディケンズ『リトル・ドリット』感想その2

リトルドリット、まだまだ読み途中です。 まだ、話のオチがぜんぜん読めなくって、むずむずしています。 リトルドリットというタイトルですが、 どうやらアーサークレナム氏が話の中心となっているようです。リト …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本その2。17世紀後半以降

英文学史?のレポート???その1 の続きもアップします。昔のことなのであまりおぼえていないけど、近世英文学史の「詩」についてのまとめだとおもいます。 私は英文学は小説が好きなのです。とくにディケンズが …

no image

ジェーンオースティン『エマ』映画版感想

『傲慢と偏見』と並ぶオースティンの傑作『エマ』の映画盤を先週末見ました。 オースティンの作品は今読んでも古臭くなく、ひとつの空間で繰り広げられる人間模様がひきつけられるんです。だからやめられない。 原 …