文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

斎藤勇先生の『イギリス文学史』~やっととどいた

投稿日:

お取り寄せしていた『イギリス文学史 (1974年) 』という本が
やっと届きました。

レポート書くときのオススメ参考文献として載っていたこの本ですが、
図書館から品が届いたのがレポート提出日過ぎてから・・・・
うちの近所に同志がいる予感がしますwww

レポの参考にはできませんでしたが、
テスト勉強の一環?で読んでみます。

まず。この本かなりの年代物ですね。昭和40年代のものです。
私の親が生まれたのがたしか昭和33?あたりなので、時代を感じます・・・

漢字が旧字なので、ときどき(???この漢字はなんて読むんだ?)というところ多々。
たとえば譯とか・・・??としばらく疑問におもいつ飛ばしていましたが、
どうやら、「訳」という言葉の旧字体みたいですね。

私の親世代に大學とか、會館とか、そんな漢字を使っていた(??)とは、
ジェネレーションギャップを感じます(ーー;)

他にもいろいろ
日本語に 引っかかりながら読んでいました。
ヨーロッパの歴史や文化を学ぶ前に日本語やれとかいわれそうですが、
興味がないので仕方がない…

残念ながら 最近すごく気になる
「フィリップシドニー」に関する新たな知識は
得られませんでした。

しかし、
シェイクスピアに関する記述が面白くって、ふおお、、と楽しんで読むことができました。
シェイクスピアの作品は、年代によってこんな傾向があります~なんてことを知っていると、
いざ作品を読むときに楽しみが増すに違いない(*^。^*)

近世英文学史のテキストでもそうですが、
人名と、作品名が英語で書かれているので、
何度読んでも
重要な事項が覚えられない難点もありますが、やっぱり英文学はおもしろいですねぇ。

この本が、今のところ英文学の概要をいちばん押さえている本~とかいてありましたが、

英文学科とは関係のない私としては この本より、先日読んだ 

はじめて学ぶ英文学史

のほうが、わかりやすくて身に入りました

 

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『リトルドリット』 感想5 終わり

一週間ほどリトルドリットに夢中で、勉強をおろそかにしておりました。リトルドリット、ようやく読み終わりましたが、最後がちょっとどたばたすぎて、!?!?!?の連続でした。 まず、リゴーがあっけなさすぎる。 …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …

no image

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

****なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなのであらすじについては消しました夏休み終わったら復活させますww クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていま …

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本。15世紀から17世紀前半まで

私が専攻したのは英文学ではありませんが、英文学が好きでその関係の講義をいくつかとっていました。そのうちの1つ英文学史(近世だったかな?)のファイルがpcからでてきたのであげてみたいとおもいます。以下が …