文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

倫理学 西洋哲学

『これならわかる! 哲学入門 』を読んでみました

投稿日:

タイトル:これならわかる! 哲学入門

倫理学の試験勉強をしているのですが、
ヘブライズム、アリストテレスまではなんとなくわかるんだけど、
カント以降がもう宇宙で、、、試験まで3週間をきっているのに
コレはまずいということで入門書を読んでみました。

区立図書館ではいい倫理の本がないので、「哲学」の棚から「哲学入門」かりてきました。

この本、厚いのですが、すごーくわかりやすいです。
予備校の先生?が書いているみたいで、学術用語をなるべく避けた本です。

プラトンから始まる本で、
プラトンの「イデア」についてプリクラ に例えて説明してくれたり、
アリストテレスの考えを美容室 にたとえたり
ニーチェーの言いたいことを人生ゲーム でたとえたり

モーニング娘とかでてきたりと、例えがちょっと古かったですが、
わかり易い本でした。

なかでも、ヘーゲルの思想をガンダムSEEDにたとえて説明している章は興味深かったです。
ヘーゲルがいいたかったことより、ガンダムシードの本編を見てみたくなりました(笑)
ガンダムシードって、見る人がみれば
そんな奥深いストーリーなのかという興味がふつふつとわいてきました。

私が一番知りたかったカントについては
しゃぶしゃぶ食べ放題にたとえてせつめいされていましたが、
この章はわかったような、わからなかったようなというカンジで、
もやもや・・・次なる本を探します。

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-倫理学, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

歴史哲学のレポートあげてみる①。ヘーゲルとかプレハーノフが題材のやつ

歴史哲学のレポートを見つけたので上げてみたいと思います。 なんの題材かわすれたけど、ヘーゲルとプレハーノフのことがかかれてました。 とりあえずヘーゲルのほうからあっぷしたいとおもいます ヘーゲルは歴史 …

no image

『デカルト―「われ思う」のは誰か』を読む

今日もデカルトの勉強をしましたー われ思うのは誰かという本です。 デカルトの私は考える ゆえに 私が存在するという有名な一文について コチラの本によるとデカルト『省察』での表現はそのような推論の形をと …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …

no image

『基本の30冊 倫理学』感想

タイトル:倫理学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊) 内容:倫理学を勉強する人に読んでもらいたい基本の30冊がこの本でわかりやすく解説されています。生きる 働く 愛する 生きていくうえで誰もが考える …

マイケル・サンデル『これから「正義」の話をしよう 今を生き延びるための哲学』読み始めてみた

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学読んでみた 2484円 文庫だと900円で買えるらしい・・・・(知らなかった) ハーバード大学の教授マイケル・サンデルの著書です。 サンデル …