文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

倫理学 西洋哲学

『これならわかる! 哲学入門 』を読んでみました

投稿日:

タイトル:これならわかる! 哲学入門

倫理学の試験勉強をしているのですが、
ヘブライズム、アリストテレスまではなんとなくわかるんだけど、
カント以降がもう宇宙で、、、試験まで3週間をきっているのに
コレはまずいということで入門書を読んでみました。

区立図書館ではいい倫理の本がないので、「哲学」の棚から「哲学入門」かりてきました。

この本、厚いのですが、すごーくわかりやすいです。
予備校の先生?が書いているみたいで、学術用語をなるべく避けた本です。

プラトンから始まる本で、
プラトンの「イデア」についてプリクラ に例えて説明してくれたり、
アリストテレスの考えを美容室 にたとえたり
ニーチェーの言いたいことを人生ゲーム でたとえたり

モーニング娘とかでてきたりと、例えがちょっと古かったですが、
わかり易い本でした。

なかでも、ヘーゲルの思想をガンダムSEEDにたとえて説明している章は興味深かったです。
ヘーゲルがいいたかったことより、ガンダムシードの本編を見てみたくなりました(笑)
ガンダムシードって、見る人がみれば
そんな奥深いストーリーなのかという興味がふつふつとわいてきました。

私が一番知りたかったカントについては
しゃぶしゃぶ食べ放題にたとえてせつめいされていましたが、
この章はわかったような、わからなかったようなというカンジで、
もやもや・・・次なる本を探します。

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-倫理学, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ヘーゲル『歴史哲学講義』読んでレポート作成。

  歴史哲学のレポート作成のためにヘーゲルの『歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)』を読みました。 人間がほかの動物とは違うのは、思考するからだ と、理性について述べ、 「理性の世界支配」と  …

no image

昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・

昨日も今日もそして、多分明日もアウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。 枕頭の書として欠かせない本ですね。 線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、 まだ迷い中。 …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる②ヘーゲルとプレハーノフの歴史哲学

前回に続き、大学時代に書いた歴史哲学のレポートです。 レポート課題はわすれました。ヘーゲルとプレハーノフを読んで云々だとおもいます 今回はプレハーノフから。プレハーノフはどこにもうってなくって、手に入 …

no image

『科学哲学入門』という入門書すら難しい・・・・科学哲学奮闘月間

 タイトル:科学哲学入門―科学の方法・科学の目的 (Sekaishiso seminar) 内容:amazonから引用すると・・・科学を特徴づけるものは何か。正統的科学哲学と新科学哲学の対決 …

no image

シュベグラー『西洋哲学史上巻』アリストテレスの部分・・・感想

タイトル:西洋哲学史 (上巻) (岩波文庫 (33-636-1)) 内容:西洋哲学史を時代別に解説。プラトン・アリストテレスあたりが比較的細かく説明。 シュベグラーの西洋哲学史上巻をちょいとランチ時に …