文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

旅行

フィガロのような素敵な写真を撮ってみたい・・・・

投稿日:

 

フィガロを久しぶりに購入しました。

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2013年 06月号 [雑誌]

ちょうど、イスタンブールの特集なんです!!!
イスタンブールは私にとって、一週間では周りきれない魅力にみちた街でしたが、


フィガロでは、私の知らないイスタンブールだらけで、

(私の行ったイスタンブールと本当に同じ街だろうか)というくらい
写真がうまい、

写真をうつす視点が絶妙。

私は一眼レフを持ってイスタンブールを旅しましたが、
私の場合、完全に宝の持ち腐れ。

フィガロのような、素敵な雑誌を担当している
カメラマンさんに学べる写真講座とかないかしら・・・・。

歳をとるにつれ
趣味が増えて
増えて
増えて増えて・・・・

あと百年は生きたいですね(笑)

このGW、懲りずに旅に出てきます
イスタンブールに行きたいところですが、
金銭的に無理なので、静岡でがまんします。

晴れるといいなぁ。

-旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

村上 春樹 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』・・・買いますか?

よく、ブログにアンケートみたいなパーツがありますよね? あれをつかって、ぜひ皆さんに聞いてみたい質問があります。村上 春樹 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』・・・買いますか? と聞いてみた …

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …

no image

『イギリス文学散歩』でイギリス文豪ゆかりの地に思いをはせて

イギリス文学散歩という、ガイドブックのような、写真集のような本をよんでみました。 この本では、英文学を代表する文豪が大作を書き上げた場所であったり、晩年を過ごした場所であったりする場所を美しい写真とと …

no image

神戸旅行の計画を立てるために「るるぶ神戸」をゲットした・・but

来月神戸に行くので、ガイドブックを読み始めました。「るるぶ」です。先月の鳥取でもお世話になりました「るるぶ」 いろんな場所のるるぶを持っていますが、ちょっと。。。神戸はやりすぎ感が否めない。 ロンリー …

no image

『きのこ図鑑』を立ち読み!!

先月、鳥取駅から徒歩数分のところにある面白い旅館「しいたけ会館」に宿泊したのですが、 旅館内あちこちにシイタケ愛がちりばめてあり旅館をチェックアウトしたことにはすっかりキノコの魅力に取り付かれてしまい …