文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

近世英文学史の教科書開いてみた。

投稿日:

まだ途中までですが、面白いですね~!
イギリス大好きなのでワクワクします。

文学系はいままでレポート書いたことがないので、
どのように書けばいいのかまよいますが、
面白い科目なので、楽しんでかけそうです。

シェイクスピア以前の英文学が影響を受けたのって、
イメージとしてはトマスモアとかチョーサーですが、
チョーサーおもったより存在感大きいんですね。。

こりゃ読み直さなきゃ『カンタベリ物語』

カンタベリー物語は若かりし頃読んだことありますが、
あまり覚えていない。
トマスベケット卿を詣でにカンタベリー大聖堂へ向かう旅人が
いろんな話をしながらわいわいしていくストーリー・・・だったかな?

それより、チョーサーって、
つまらないギャグ?映画ででてきたことがあって、

(たぶん、このふたつのうちのどっちか↑)

その映画の設定の、、、チョーサーが、
酒乱で文書の偽造が特技で。。
あと、なんかすぐ裸になっていたような・・・

うう、、あの映画オチどんなんだっけ?
って、そっちが気になってもやもやのランチタイムでした(― ―;)

ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『リトルドリット』 感想5 終わり

一週間ほどリトルドリットに夢中で、勉強をおろそかにしておりました。リトルドリット、ようやく読み終わりましたが、最後がちょっとどたばたすぎて、!?!?!?の連続でした。 まず、リゴーがあっけなさすぎる。 …

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本その2。17世紀後半以降

英文学史?のレポート???その1 の続きもアップします。昔のことなのであまりおぼえていないけど、近世英文学史の「詩」についてのまとめだとおもいます。 私は英文学は小説が好きなのです。とくにディケンズが …

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …

no image

『ハリーポッターと賢者の石』 感想

 タイトル:ハリー・ポッターと賢者の石 (1) あらすじ主人公であるハリーポッターは、幼いころ両親をなくし、親戚の家で肩身の狭い暮らしを強いられていた。ある日やってきた、ホグワーツの番人ハグ …