文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

映画『ジェーンエア』6/2ロードショー!!

投稿日:


明日からシャーロットブロンテ『ジェーンエア』の映画上映がはじまります。

原作が好きなので、見に行こうとおもいますが、

予告版を見ると、ジェーンがブスじゃないですね。。

英文学史初 ブスの女が主人公の小説として 話題になったのに・・・


ローチェスター氏はもっとおっさんかとおもいましたが、

意外と若イケメンだったのも意外でした。


どんなかんじで、ジェーンエアの世界を表現しているのか

見に行くのが楽しみです。

あと、たしか・・・この映画にディケンズの子孫がリチャード・メイソン役ででているそうなので、ソレも気になる。

 

 

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …

no image

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

  黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)読みました。文庫に7編の短編が入っています。 エドガー アラン ポーといえば、作品より彼の生きた人生のほうが気にな …

no image

ジェーンオースティン『エマ』映画版感想

『傲慢と偏見』と並ぶオースティンの傑作『エマ』の映画盤を先週末見ました。 オースティンの作品は今読んでも古臭くなく、ひとつの空間で繰り広げられる人間模様がひきつけられるんです。だからやめられない。 原 …

no image

TSエリオット『キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法』感想

作品名:キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法 (ちくま文庫) 内容:詩人エリオットの、ねこばっかりの短編集。気まぐれネコ、きれい好きなおばあさんネコ、政治大好きお金持ちなネコみんなに大切にされる …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …