文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『歴史学の革新―「アナール」学派との対話 』感想

投稿日:

 
タイトル:歴史学の革新―「アナール」学派との対話 (テオリア叢書)
内容:19世紀までの、史料崇拝の時代が疑問視され、歴史学派新たな時代を迎える。
現代歴史学の流れについて書かれた本で、
マルクブロックの誕生から、フランスに誕生したアナール学派、
今日、歴史学がもつ課題などが書いてある史学概論解説書みたいな本。

EHカーの『歴史とは何か』と比べると、難解に書かれていますが。
この本はカー以降の歴史学を知るにはわかりやすい本です。

史学概論の教科書より、新しいことがかいてある?ので、歴史系の卒論を書く予定の方は
ぜひとも読んだほうがいいです。

現代の歴史学は、アナール学派を幹にしています。
その、アナール学派のはじまりと時代背景、共通する特徴と、多面的な歴史学の説明だけでなく、
20世紀を代表する歴史家の名前を知るためにも
重要な本ではないでしょうか。

西洋史特殊3のレポート書いた際読んだマルクブロック『封建社会』の解説で、
ちらっとかいてあった「マルクブロックの生涯」について、気になっていましたが、

こちらの本は
大学教授の息子として生まれてから、ナチスと戦い死亡したまでの
マルクブロックの波乱万丈な生涯について詳細が書いてありました。

史学概論とはあまり関係ないですが、
この本で、
中世ヨーロッパのの時間概念と、近現代ヨーロッパの時間概念の違いに関する
ルゴフの研究のことが書かれていたのですが、

アウグスティヌスの時間論がきになっているので、
この研究内容がきになるところです。今度探します。


-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人 …

no image

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛 …

no image

イギリスの封建制度 マグナカルタ以降について

3、マグナ・カルタ 王権の伸長を狙っていたジョン王は、封主であるフランス王に逆らい、戦争に負け大陸領を没収された。ジョンは王の封建的諸権利に基づき統治をし、権利の侵害も盛んに行っていた。そのためしばし …

no image

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

タイトル:聖書入門 (岩波新書)内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・ 倫理学のレポートに参 …

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …