文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

レポート参考文献探し『イギリス文学案内』という本をかりてきました。

投稿日:

図書館で『イギリス文学案内』という本を借りてきたので読んでいます。

その名のとおり、

イギリスの文学史に名だたる人物をひとりひとりまとめた一冊で、
文学史のレポートを書くのに役立ちました。
テキストの『資料集』のような感覚で読みました。

作者一人ひとりの作風や人生の説明は
読んでいてどきどき。すごく面白い本です。

とても丁寧な本なのですが、「近世英文学史」のレポートを書くには
ちょいと不十分。

なぜなら、こちらの本はどちらかというと
19世紀以前の記述が少ないのです。

あと、、、詩人の記述が少ない。
シドニーあたりはしょうがないけど、ドライデンとかもなかったような・・・(あったらすみません)

英文学史のレポートを再提出しなきゃならないので
文献探しを半月つづけたいと思います。

レポート、Dでもどってきて
「注のつけ方に注意してください」とコメントがあったので
たぶん、注をつけて提出しなおしたらいいと思うのですが、

以前参考にした文献が、近所では手に入らないものなので、、、、
書き直しです。
泣きそうですわ

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

****なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなのであらすじについては消しました夏休み終わったら復活させますww クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていま …

no image

ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ

英語3のテキストにも載っているジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。こちらには、一冊に、複数の短編が入っている本です。象の撃つは2番目のお話。ビルマに駐在している英国人保 …

no image

ディケンズ『リトルドリット』感想4

リトル ドリットの続きを読んでいます。 遺産を手に入れ、大金持ちになったドリット氏ですが、急死してしまいました、そのあと、財界の重要人物 マードル氏も自殺して死にます。それら2つの死によって、主要人物 …

no image

加藤恭子『アーサー王伝説紀行神秘の城を求めて』読んだ!

 タイトル;アーサー王伝説紀行―神秘の城を求めて (中公新書) 内容:アーサー王伝説の概要と、舞台となったと推測されている場所を訪れた著者がそこで何を見たか、現地の人はどうみているのかなどが …

no image

オーウェルの『動物農場』読み始めました。

英語Ⅲのテキストにある『象を撃つ』でおなじみオーウェルの小説を読み始めました。 『動物農場』です。 おとぎばなしとかいてある とおり、子どもでも読めるくらい漢字が少ない本です。 かといって、簡単な物語 …