レポート参考文献探し『イギリス文学案内』という本をかりてきました。

2012年11月14日

図書館で『イギリス文学案内』という本を借りてきたので読んでいます。

その名のとおり、

イギリスの文学史に名だたる人物をひとりひとりまとめた一冊で、
文学史のレポートを書くのに役立ちました。
テキストの『資料集』のような感覚で読みました。

作者一人ひとりの作風や人生の説明は
読んでいてどきどき。すごく面白い本です。

とても丁寧な本なのですが、「近世英文学史」のレポートを書くには
ちょいと不十分。

なぜなら、こちらの本はどちらかというと
19世紀以前の記述が少ないのです。

あと、、、詩人の記述が少ない。
シドニーあたりはしょうがないけど、ドライデンとかもなかったような・・・(あったらすみません)

英文学史のレポートを再提出しなきゃならないので
文献探しを半月つづけたいと思います。

レポート、Dでもどってきて
「注のつけ方に注意してください」とコメントがあったので
たぶん、注をつけて提出しなおしたらいいと思うのですが、

以前参考にした文献が、近所では手に入らないものなので、、、、
書き直しです。
泣きそうですわ

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA