文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

レポート参考文献探し『イギリス文学案内』という本をかりてきました。

投稿日:

図書館で『イギリス文学案内』という本を借りてきたので読んでいます。

その名のとおり、

イギリスの文学史に名だたる人物をひとりひとりまとめた一冊で、
文学史のレポートを書くのに役立ちました。
テキストの『資料集』のような感覚で読みました。

作者一人ひとりの作風や人生の説明は
読んでいてどきどき。すごく面白い本です。

とても丁寧な本なのですが、「近世英文学史」のレポートを書くには
ちょいと不十分。

なぜなら、こちらの本はどちらかというと
19世紀以前の記述が少ないのです。

あと、、、詩人の記述が少ない。
シドニーあたりはしょうがないけど、ドライデンとかもなかったような・・・(あったらすみません)

英文学史のレポートを再提出しなきゃならないので
文献探しを半月つづけたいと思います。

レポート、Dでもどってきて
「注のつけ方に注意してください」とコメントがあったので
たぶん、注をつけて提出しなおしたらいいと思うのですが、

以前参考にした文献が、近所では手に入らないものなので、、、、
書き直しです。
泣きそうですわ

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …

no image

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

****なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなのであらすじについては消しました夏休み終わったら復活させますww クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていま …

no image

映画『ジェーンエア』6/2ロードショー!!

明日からシャーロットブロンテ『ジェーンエア』の映画上映がはじまります。 原作が好きなので、見に行こうとおもいますが、 予告版を見ると、ジェーンがブスじゃないですね。。 英文学史初 ブスの女が主人公の小 …

no image

『イギリス文学散歩』でイギリス文豪ゆかりの地に思いをはせて

イギリス文学散歩という、ガイドブックのような、写真集のような本をよんでみました。 この本では、英文学を代表する文豪が大作を書き上げた場所であったり、晩年を過ごした場所であったりする場所を美しい写真とと …

no image

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』感想

【中古】 ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1) 価格:200円(2012/4/18 13:03時点)感想(0件) 今日は英文学を楽しみました。何度読んでも味があるシャーロット・ブロンテの …