文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学

『サルトル むかつき ニートという冒険』  感想

投稿日:

 

タイトル:サルトル『むかつき』ニートという冒険 (理想の教室)

内容:サルトル著『嘔吐』の解説を、ニートに語りかける形で解いている本

サルトル『嘔吐』と一緒に、サルトル『むかつき』ニートという冒険 (理想の教室)

という本をかりてきました。

この本、『嘔吐』の後に読みましたが、先に読んだ方が本編を理解しやすかったかも・・・・

こちらの本では、前半は『嘔吐の要約』
後半は ニートに話しかける形?で解説が進んでいきます。
「さあ、きみの先輩を紹介しよう。きみのお父さん、いやお爺さんが一生懸命読んだ本の主人公だ。」
といって、嘔吐の主人公が紹介されるんです・・・

うん。。。

私が思い描いている日本の平均的な(?)ニートとは、
嘔吐の主人公とはだいぶ違う気がするのですが・・・
どちらかというと、嘔吐の主人公に似ていそうなのは、
引きこもり」のほうだと思うのですが、、ちがうのですね。

嘔吐が本題なので、ニートは付属みたいなものですが、
ニートの線引きがあいまいな印象を受けました。

引きこもりとニートの線引きがあいまいだった時代にかかれたものかもしれません。
発行年みておくべきでした。。

この本では、嘔吐の中に隠されたさまざまな謎が書かれていて、
謎解き本のような面白さがあります。
が、哲学の素人が読むには、後半、、かなりしんどい・・・・
この本、こんなに難しいんだ・・・と、読了後、『嘔吐』から遠ざかりました。

まだまだ『嘔吐』に関しての本はたくさんでているので、
探してみようと思います。

-フランス文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ミュージカル レミゼラブルのコンサートDVDを買いました!

数ヶ月前、ミュージカル映画『レミゼラブル』に感動して、DVDでたら絶対買おう!!とamazonをチェックしていました。 ヒュージャックマン、アンハサウェイやラッセルクロウの演じるレミゼはすばらしかった …

no image

スタンダールの「赤と黒」感想

私がフランス文学と聞いて、まず思い浮かべるのがスタンダールの「赤と黒」です。 初めて読んだのは高校時代、父の部屋にあったのを拝借して読んだのがはじまりでした。 ジュリアンソレルという頭のいい美少年がと …

no image

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察 …

no image

岩波文庫「ベルクソン 笑い」を読んでみた

先月末から、のんびりとベルクソンの「笑い」を読んでいます。 フランスの哲学者 ベルクソンが、笑いの概念、笑いが引き起こされる構造的なやつを細かく考えていく内容の本です。 ベルクソンをなんで買ったのか覚 …