中東漫画といえば・・・王家の紋章?天は赤い河のほとり?

2012年4月26日

 

今週はトルコやイスラームばかり読んだのですが、

中東関連の漫画を

10代の頃、よく読んでいました。


一番思い浮かぶのは

王家の紋章です。

王家の紋章は母が全巻あつめていて、

さらに月刊プリンセスを毎回購入するほどのマニアでした。


私はおこぼれに預かって、王家の紋章を読むことができました。


エジプトの大学に通っている主人公キャロルが

古代エジプトにタイムスリップして

エジプトのファラオとラブラブしたり、

ヒッタイトの王子にねらわれたり

ギリシアの。。。ミノスにもねらわれたりww

誘拐されて、取り返して、誘拐されて、取り返しての連続なのですが

面白くって、あっという間に読みきってしまいます。


あと、忘れてはならないのは

天は赤い河のほとり。

主人公のユーリが

同じように、古代ヒッタイトにタイムスリップする話。

コチラはラムセスとか、ムルシリとか実在の人物が出てきて

なかなかリアリティがあります。


私はどちらもヒッタイトが好きだったので、

トルコが大好きです~~!!


 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA