文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

トルコ史関連

中東漫画といえば・・・王家の紋章?天は赤い河のほとり?

投稿日:

 

今週はトルコやイスラームばかり読んだのですが、

中東関連の漫画を

10代の頃、よく読んでいました。


一番思い浮かぶのは

王家の紋章です。

王家の紋章は母が全巻あつめていて、

さらに月刊プリンセスを毎回購入するほどのマニアでした。


私はおこぼれに預かって、王家の紋章を読むことができました。


エジプトの大学に通っている主人公キャロルが

古代エジプトにタイムスリップして

エジプトのファラオとラブラブしたり、

ヒッタイトの王子にねらわれたり

ギリシアの。。。ミノスにもねらわれたりww

誘拐されて、取り返して、誘拐されて、取り返しての連続なのですが

面白くって、あっという間に読みきってしまいます。


あと、忘れてはならないのは

天は赤い河のほとり。

主人公のユーリが

同じように、古代ヒッタイトにタイムスリップする話。

コチラはラムセスとか、ムルシリとか実在の人物が出てきて

なかなかリアリティがあります。


私はどちらもヒッタイトが好きだったので、

トルコが大好きです~~!!


 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-トルコ史関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ティエリー・ザルコンヌ著「知の再発見 スーフィ」感想

【送料無料】 スーフィー イスラームの神秘主義者たち 「知の再発見」双書 / ティエリー・ザルコンヌ 【全集・双書】 価格:1,680円(2012/4/25 12:44時点)感想(0件) 創元社さんか …

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想ふたたび

井筒先生のイスラーム文化を再び読んでいます。今回のレポートのキーになる内容が沢山書かれているので熟読。 井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』岩波文庫で出ています。井筒 俊彦さんといえば、 …

no image

『トルコ狂乱 オスマン帝国崩壊とアタテュルクの戦争 』 感想その1

タイトル:トルコ狂乱 オスマン帝国崩壊とアタテュルクの戦争 著者:トゥルグット・オザクマン 260ページまで読んだ段階の、超簡単なあらすじ帝国主義まっただなかの西欧にいいようにあつかわれ威厳を失ったオ …

no image

アランパーカー「オスマン帝国衰亡史」感想

今日はアランパーカーと言う人が書いた 「オスマン帝国衰亡史」という本を読みました。 【まとめ買いで最大15倍!5月15日23:59まで】ローマ帝国衰亡史 全10巻 価格:14,385円(2012/4/ …

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想

イスラーム文化 価格:693円(2012/4/17 17:31時点)感想(4件) 今日も岩波文庫を読みました。 井筒 俊彦先生が書いた「イスラーム文化-その根柢にあるもの」 私が学生だった頃は「イスラ …