文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

斉藤孝『ざっくりわかる西洋思想史』感想

投稿日:

声に出して読みたい日本語でおなじみ
斎藤孝先生の本を読んでみました。


齋藤孝のざっくり!西洋思想

価格:1,575円
(2012/4/24 15:40時点)
感想(0件)

斉藤孝先生の講義は明大にいたころから大好きでした。
そんな斉藤先生ですが最近TVなどでもたびたび出てきて
ベストセラーも出ています。

昨日、読んだのが
ざっくりわかる西洋思想史
という本でした。

斉藤先生の書く西洋思想史に興味がありました。

西洋思想の波をいくつかの山に見立てての説明は
わかりやすいです

齋藤孝のざっくり!西洋思想

価格:1,575円
(2012/4/24 15:40時点)
感想(0件)

ただの概説ではなく、先生自らの考えも入っていて
夢中になって読んでしまいました。

ルネサスばかりやっていた身としては、
アリストテレスが霞んで見えていたのですが、

アリストテレスのすごさを
この本で再確認。

そして、デカルトの「われおもう ゆえにわれあり」のページでは
数学と絡めた哲学思想を鑑みる良いきっかけになりました。

タイトルどおり、ざっくり 西洋哲学史の流れを理解するのに
ピッタリだと思います。

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

またまたアウグスティヌス3連

   先週末から ドキッ!アウグスティヌスだらけの哲学史大会っ!って感じです(意味不明)もう、おなか一杯で、秋までアウグスティヌスを見たくありません(笑)  西洋哲学史Ⅰのレポ書く …

no image

『省察』 難航する神の存在証明のレポートww

省察のレポート、神の存在証明をやろうとおもいますが、同じ筑摩の『省察』でも文庫と全集はぜんぜん違っていてびっくりました。 最初筑摩の全集 デカルトパスカルのなかにはいっている省察を読んだのですが、西洋 …

no image

昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・

昨日も今日もそして、多分明日もアウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。 枕頭の書として欠かせない本ですね。 線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、 まだ迷い中。 …

no image

ルソー『エミール 第一編』を読みました!

教育思想史のレポートを書こうと、エミールを読みました。エミール、家にあるのを読んでみたのですが、この本の発行が昭和33年・・・・わたしの親が生まれた年のものです・・ルソーじゃなくって「ルソオ」で、エミ …

no image

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

  岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の『ヘーゲルを読む』を読みました。 精神のすべての性質は自由を唯一の支えとしすべてが自由のための手段にすぎずすべては自由を求め自由だけを生み …