文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

斉藤孝『ざっくりわかる西洋思想史』感想

投稿日:

声に出して読みたい日本語でおなじみ
斎藤孝先生の本を読んでみました。


齋藤孝のざっくり!西洋思想

価格:1,575円
(2012/4/24 15:40時点)
感想(0件)

斉藤孝先生の講義は明大にいたころから大好きでした。
そんな斉藤先生ですが最近TVなどでもたびたび出てきて
ベストセラーも出ています。

昨日、読んだのが
ざっくりわかる西洋思想史
という本でした。

斉藤先生の書く西洋思想史に興味がありました。

西洋思想の波をいくつかの山に見立てての説明は
わかりやすいです

齋藤孝のざっくり!西洋思想

価格:1,575円
(2012/4/24 15:40時点)
感想(0件)

ただの概説ではなく、先生自らの考えも入っていて
夢中になって読んでしまいました。

ルネサスばかりやっていた身としては、
アリストテレスが霞んで見えていたのですが、

アリストテレスのすごさを
この本で再確認。

そして、デカルトの「われおもう ゆえにわれあり」のページでは
数学と絡めた哲学思想を鑑みる良いきっかけになりました。

タイトルどおり、ざっくり 西洋哲学史の流れを理解するのに
ピッタリだと思います。

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想

 タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫) あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(お …

no image

デカルト『情念論』をまた よみはじめ

去年途中でよみやめた デカルトの「情念論 (岩波文庫) 」再開しました。デカルトときくだけで以前読んだ書物での長生きエピソードと起床時間エピソードがちらついてしまいますww すべてを疑うことによって物 …

no image

岩波文庫「ベルクソン 笑い」を読んでみた

先月末から、のんびりとベルクソンの「笑い」を読んでいます。 フランスの哲学者 ベルクソンが、笑いの概念、笑いが引き起こされる構造的なやつを細かく考えていく内容の本です。 ベルクソンをなんで買ったのか覚 …

no image

ヘーゲル『歴史哲学講義』読んでレポート作成。

  歴史哲学のレポート作成のためにヘーゲルの『歴史哲学講義 (上) (岩波文庫)』を読みました。 人間がほかの動物とは違うのは、思考するからだ と、理性について述べ、 「理性の世界支配」と  …

no image

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

  岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の『ヘーゲルを読む』を読みました。 精神のすべての性質は自由を唯一の支えとしすべてが自由のための手段にすぎずすべては自由を求め自由だけを生み …