文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

斉藤孝『ざっくりわかる西洋思想史』感想

投稿日:

声に出して読みたい日本語でおなじみ
斎藤孝先生の本を読んでみました。


齋藤孝のざっくり!西洋思想

価格:1,575円
(2012/4/24 15:40時点)
感想(0件)

斉藤孝先生の講義は明大にいたころから大好きでした。
そんな斉藤先生ですが最近TVなどでもたびたび出てきて
ベストセラーも出ています。

昨日、読んだのが
ざっくりわかる西洋思想史
という本でした。

斉藤先生の書く西洋思想史に興味がありました。

西洋思想の波をいくつかの山に見立てての説明は
わかりやすいです

齋藤孝のざっくり!西洋思想

価格:1,575円
(2012/4/24 15:40時点)
感想(0件)

ただの概説ではなく、先生自らの考えも入っていて
夢中になって読んでしまいました。

ルネサスばかりやっていた身としては、
アリストテレスが霞んで見えていたのですが、

アリストテレスのすごさを
この本で再確認。

そして、デカルトの「われおもう ゆえにわれあり」のページでは
数学と絡めた哲学思想を鑑みる良いきっかけになりました。

タイトルどおり、ざっくり 西洋哲学史の流れを理解するのに
ピッタリだと思います。

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『時間の科学』読み途中。

ニュートンの主張した「絶対時間」ですが、18世紀以降、科学が確立されていくなかで、神のはなしは棚上げされ、絶対時間の概念だけが残っていきました。 そして、19世紀半ばの熱力学の誕生と、20世紀はじめの …

no image

アウグスティヌス『告白』 食欲の誘惑に対する態度

アウグスティヌスの『告白』の中で、興味ある箇所を論じるのがレポート課題  レポート課題には出来なさそうですが、とても気になる箇所があるんです。それが、下巻p56からはじまる食欲の誘惑に対する態度 につ …

no image

科学哲学のレポート2アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

科学哲学のレポートその2です。 課題タイトルはアウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いです。 今回はアウグスティヌスの時間論に関して。アウグス ティヌス 告白 (下) (岩波文庫 青 …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …

no image

『科学哲学入門』という入門書すら難しい・・・・科学哲学奮闘月間

 タイトル:科学哲学入門―科学の方法・科学の目的 (Sekaishiso seminar) 内容:amazonから引用すると・・・科学を特徴づけるものは何か。正統的科学哲学と新科学哲学の対決 …