文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 ヨーロッパ史

ユダヤサイドから見た西洋史を読む!『ユダヤ人の歴史』感想

投稿日:

 

タイトル:ユダヤ人の歴史 (世界歴史叢書)
内容:古代から現代までのユダヤ人の歴史について書かれた本です。
ユダヤ人に関する本はたくさんありますが、
こちらの本の特徴は、著者がユダヤ人という点。
違う側面から見た西洋史を描いています。

連休中に英語Ⅲ(2回)のレポートを仕上げ、
次なる科目に取り掛かるためにいろんな本を読んでみました。

まずはユダヤ人の歴史 (世界歴史叢書)

私が読みたかったページは、
セレウコス朝シリア時代のユダヤ人がどのようであったか
そこだけ見たかったので、ページ飛ばして読みましたが、

この本はすぐ、ユダヤ人が書いたものだとわかる表現で、
歴史書としては主観的すぎて、参考文献にはなりそうにありません。

でも、ユダヤ視点から書かれている読み物としては、
個人的に面白い本でした。

まず、この本、とげとげしいですね。

教科書では、アレクサンドロス大王の死因は熱病とかかれていましたが、
ユダヤの歴史では「夜のどんちゃんさわぎが幸いして死亡」と書いているのにも悪意を感じる(笑)
ヘレニズム自体を悪ととらえているのもユダヤらしい。

「ヤハウェはゼウスといっしょくたにされ、どのユダヤ社会でもいけにえは
おぞましいギリシアの神々にささげらた」
忌まわしい偶像崇拝を強要した」

おぞましいギリシアの神々・・・・
忌まわしい偶像崇拝・・・・

セレウコス朝シリアに反抗したユダヤのことを
ユダは無敵帝国シリアと交戦状態に突入したのである」と書いてあり、
思わず噴出しそうになりました。。
無敵帝国シリアってwww

この本、おもろいなぁとおもい、レポートから脱線して
一番面白そうな
キリスト教誕生」のページまで読み進めました。

ユダヤ教から見たキリスト教誕生、コレは面白い。
キリスト教はもともとユダヤ教をルーツにしていますが、

ユダヤ人はキリスト教を否定します。
その理由がいくつかかかれていました。

新しい預言者(イエスキリスト)に対して、
ユダヤ人が、複雑な気持ちを抱いたものがいろいろあった。

その中のひとつとして揚げられていたのが
イエスは神の名ではなく、自分の名において教えを説いた
史上最高の預言者もそのようにあつかましく語ったことはない

この本では、上記をはじめ、いたるところで
キリスト教のことを悪く言っています

私たちの、学んでいる世界史は、
キリスト教の視点から見ている世界史で、
それが正しいもののように見えてしまいがちですが、
ユダヤから見た世界史というのは、
まったくもって違っていて、それが、、、歴史解釈の複雑さを気づかせてくれました。

レポート終わったら、また読んでみたいと思います。

-キリスト教史, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

日本史特殊2『日本キリスト教史』読みました。

正直日本史には魅力を感じないのですが、日本キリスト教史は面白い。 コチラの本では、ザビエルたちイエスズ会が布教し、広がっていく過程から日本の権力者サイドでのキリスト教への態度の変化や日本で布教されてき …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本その2。17世紀後半以降

英文学史?のレポート???その1 の続きもアップします。昔のことなのであまりおぼえていないけど、近世英文学史の「詩」についてのまとめだとおもいます。 私は英文学は小説が好きなのです。とくにディケンズが …

no image

エドマンドキング『中世イギリス』感想 イギリス萌え~

タイトル:エドモンドキング『中世のイギリス  』内容:ノルマンコンスクエストからつづくイギリス・・・イングランドの歴史を、時代の流れとともに書いてある本。イギリス中世史の概説がわかりやすく説明。 英中 …

no image

塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人 …

マルクスの賃労働と資本よんだ

  今日はマルクスにしようと思い 本棚からだしてきたマルクス  賃労働と資本 前読んだときは序言とばしていたので、 今回はちゃんとよみました。 序言はマルクスエンゲルスレーニン研究所のもので …