文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 ヨーロッパ史

ユダヤサイドから見た西洋史を読む!『ユダヤ人の歴史』感想

投稿日:

 

タイトル:ユダヤ人の歴史 (世界歴史叢書)
内容:古代から現代までのユダヤ人の歴史について書かれた本です。
ユダヤ人に関する本はたくさんありますが、
こちらの本の特徴は、著者がユダヤ人という点。
違う側面から見た西洋史を描いています。

連休中に英語Ⅲ(2回)のレポートを仕上げ、
次なる科目に取り掛かるためにいろんな本を読んでみました。

まずはユダヤ人の歴史 (世界歴史叢書)

私が読みたかったページは、
セレウコス朝シリア時代のユダヤ人がどのようであったか
そこだけ見たかったので、ページ飛ばして読みましたが、

この本はすぐ、ユダヤ人が書いたものだとわかる表現で、
歴史書としては主観的すぎて、参考文献にはなりそうにありません。

でも、ユダヤ視点から書かれている読み物としては、
個人的に面白い本でした。

まず、この本、とげとげしいですね。

教科書では、アレクサンドロス大王の死因は熱病とかかれていましたが、
ユダヤの歴史では「夜のどんちゃんさわぎが幸いして死亡」と書いているのにも悪意を感じる(笑)
ヘレニズム自体を悪ととらえているのもユダヤらしい。

「ヤハウェはゼウスといっしょくたにされ、どのユダヤ社会でもいけにえは
おぞましいギリシアの神々にささげらた」
忌まわしい偶像崇拝を強要した」

おぞましいギリシアの神々・・・・
忌まわしい偶像崇拝・・・・

セレウコス朝シリアに反抗したユダヤのことを
ユダは無敵帝国シリアと交戦状態に突入したのである」と書いてあり、
思わず噴出しそうになりました。。
無敵帝国シリアってwww

この本、おもろいなぁとおもい、レポートから脱線して
一番面白そうな
キリスト教誕生」のページまで読み進めました。

ユダヤ教から見たキリスト教誕生、コレは面白い。
キリスト教はもともとユダヤ教をルーツにしていますが、

ユダヤ人はキリスト教を否定します。
その理由がいくつかかかれていました。

新しい預言者(イエスキリスト)に対して、
ユダヤ人が、複雑な気持ちを抱いたものがいろいろあった。

その中のひとつとして揚げられていたのが
イエスは神の名ではなく、自分の名において教えを説いた
史上最高の預言者もそのようにあつかましく語ったことはない

この本では、上記をはじめ、いたるところで
キリスト教のことを悪く言っています

私たちの、学んでいる世界史は、
キリスト教の視点から見ている世界史で、
それが正しいもののように見えてしまいがちですが、
ユダヤから見た世界史というのは、
まったくもって違っていて、それが、、、歴史解釈の複雑さを気づかせてくれました。

レポート終わったら、また読んでみたいと思います。

-キリスト教史, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛 …

no image

ギリシア危機

私の持っている株が毎日毎日下がり下がりしかも、全株がまずい下がり方をしているので、欧州危機へのカウントダウン?を予感させます。 経済とか、政治とかまったくわからないので「ギリシアやばそうだよね」と聞か …

no image

『マグナ・カルタの世紀―中世イギリスの政治と国制』感想

タイトル:マグナ・カルタの世紀―中世イギリスの政治と国制1199ー1307 (歴史学選書) 内容:中世イギリス・・・マグナカルタが制定された13世紀を中心とした歴史の流れが説明されています。リチャード …

no image

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポート作成のため、E …

no image

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

  岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の『ヘーゲルを読む』を読みました。 精神のすべての性質は自由を唯一の支えとしすべてが自由のための手段にすぎずすべては自由を求め自由だけを生み …