文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

投稿日:

 

ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので
古典をもうひとつ、
ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。

これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。

ヴィクトリア朝の街並や世界観の構築は最高でした。

ただ、原作の重要なところを描いていないんです。

映画版で端折られた場所の一部をあげると
1、オリバーの出生の秘密にはまったく触れていない
2、バンブル氏が最初しか出てこない
3、モンクスがまったくでてこない?
4、かわいそうなディックのシーンがない!!

原作好きとしては、どうしても紙とくらべてしまっていかんのですが、
イチ映画としてみても、いまいち盛り上がりに欠けるような気がしました。

オリバーの存在が受動的すぎるのです。
原作もたしかにそうですが、そこのところがすごく強調されている。

一方、フェイギンの描き方はすごく好きでした。
近世のユダヤ人に対する意識を感じるキャラですが、
ただの悪党ではない、
狡猾で残虐な悪党ですが、独特なやさしさがあり、
この作品で一番印象に残る人物に描いています。

フェイギンを取り巻く少年たちは、悪に染まっているというより、
悪事をゲームとして楽しんでいるかんじで描いている。

世界文学を映画にするって、大変だなぁと思います。
古典の映画を結構見ますが、
原作遵守よりも原作の世界観の構築に重きを置いている作品のほうが多い印象を受けました。
この作品もそのひとつです

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 Jオースティン)

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生感想その1の続きです。シェイクスピアのあとには大好きなジェーンオースティンの章。彼女の小説・・・ジェーンオースティンで …

no image

TSエリオット『キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法』感想

作品名:キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法 (ちくま文庫) 内容:詩人エリオットの、ねこばっかりの短編集。気まぐれネコ、きれい好きなおばあさんネコ、政治大好きお金持ちなネコみんなに大切にされる …

no image

オーウェル『動物農場』読み終えましたが、この本、すごい!!!

衝撃受けました。なんというか・・・、こんなん初めて読みました。 人間を追い出してから、動物たちが動物たちだけの農場を経営し、 国のような物をつくりあげていくのですが、さいしょ、人間のいない、理想の農場 …

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …