文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

投稿日:

 

私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。

こういうシチュエーションに置かれた子どもは
誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。

私も弟と合同出費で絵本をプレゼントすることにしました。

ピーターラビットの絵本 全24巻 贈り物セット

NHKでやっている、あの「ピーターラビット」です。

ベアトリクスポターという女性が書いた作品で、イングランドを代表する絵本作家

やさしい人間にそだってもらいたいと、心をこめておくります

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

トマスモア『ユートピア』感想

タイトル:ユートピア (岩波文庫)  内容:イギリスの人文主義者トマスモアによる書物。空想の国ユートピアを語りつつ、イギリス国内の政治などに対する悪口ぶつぶつ書いた本(?) トマスモアのユー …

no image

(感想 ディケンズ)【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 この著者はディケンズの研究家みたいだったので、ディケンズの濃い話がかいてあって、ワクワクしながら3度読みしちゃいまし …

no image

ディケンズ『リトル ドリット』感想その3

タイトル:リトル ドリット(日本語版は絶版のためamazonでは売っていません・・・)内容:債権者監獄で20年以上生活していたドリット家が、ひょんなことからすごく遠縁(?)の遺産を相続し、貧しい生活か …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …

no image

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 Jオースティン)

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生感想その1の続きです。シェイクスピアのあとには大好きなジェーンオースティンの章。彼女の小説・・・ジェーンオースティンで …