文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

E・H・カー『歴史とは何か』を読む2

投稿日:

タイトル:歴史とは何か (岩波新書)
内容:史学概論といえばコレ!
歴史学の入門書ともいうべき本。
歴史学がたどってきた歴史と、
歴史家が持つべき視点などが書かれています。


先週から読んでいる歴史学の入門書
E・H・カー『歴史とは何か』の続き。

歴史的事実とは何か

カエサルがルビコン河に渡った という事実

部屋の真ん中にテーブルがある という事実

を例にして、

過去に関するすべての事実が歴史的事実であるわけではないという説明と、

歴史上の事実を過去に関する事実から区別する基準は何かという疑問を投げかけています。

いかなる事実を、
いかなる文脈から、どのような順序で配列し組むかを決めるのは
歴史家であり、

歴史は歴史家が作る』という有名な言葉の意味を具体的例をあげて説明していました。

『歴史とは何か』→『歴史学の革新』→『歴史とは何か(再読)』という順番で
参考文献を読んでいますが、

歴史学の革新が難しい専門用語ばかりでふわあああ~となっていたので、
コレとくらべると
『歴史とは何か』は読みやすくて、良かったです。

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

オリエント考古学のテキストにワクワク

オリエント考古学にチャレンジしたいと思います。 今日、オリエント考古学のテキストが届きました。慶友会の方が、「オリエント考古学がとりやすいよ」とおっしゃっていましたが、さて、どうでしょう。 …

no image

『中世ヨーロッパの都市世界 (世界史リブレット) 』感想

  タイトル:中世ヨーロッパの都市世界 (世界史リブレット) あらすじ中世ヨーロッパの都市の特徴が多角的視点から書かれている本です。 今日は母校の図書館でレポート仕上げていました。何冊も読ん …

no image

イギリスの封建制度 マグナカルタ以降について

3、マグナ・カルタ 王権の伸長を狙っていたジョン王は、封主であるフランス王に逆らい、戦争に負け大陸領を没収された。ジョンは王の封建的諸権利に基づき統治をし、権利の侵害も盛んに行っていた。そのためしばし …

no image

帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのかという疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、 地域や時代順で解説している歴史書が多い中、 …

no image

イギリスの封建制度の変化について

イギリスの封建制度は、アングロサクソン時代末期からすでに定着していたが、ノルマンコンクェスト以降は、領域諸侯領の構図をなしており、伯領を寄せ集めて作った国で、王権が強大だった点に特徴がある。イギリスは …