文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『マグナ・カルタ』を探して図書館ウロウロ

投稿日:

本日はレポート締切日でした。
お疲れ様でした。ラストはエスプレッソのみまくりでがんばりました~!

西洋史特殊3の参考リストにあるCSデービス?「マグナ・カルタ」を大学図書館に探しに行きました。

結構苦労して探しましたが、
実際、、見つけてだすと、パンフレットのような本でびっくりw

さらに、カバー見てびっくり・・・実家にある本でした~

西洋史の卒論を書いた際に、
ブリティッシュライブラリーにこもって文献をあさったことがあったのですが、
確か、ブリティッシュライブラリーだか、
ブリティシュミュージアムのお土産やさんで
売っていた本です。

ああいう。。お土産屋で売っているような本って、
結構適当なところが適当に日本語訳をつけているのだと思っていましたが、、、
城戸先生や訳をつけていたとは・・・・すみません・・・・
マグナカルタにいたるまでの歴史と、
マグナカルタに書かれたことが載っている本で、

ここであれ??っておもったのが
「ジョン王は桃と新しいりんご酒をのみすぎたことによる赤痢で死亡」
と書いてあったことです。

先日読んだエドマンド先生『中世のイギリス』という本では
「ジョン王はヤツメウナギの食べすぎで死亡」とかいてありました・・・

結局のところ、ジョン王の死因はなんなんだろう?

いずれにせよ、、、食べすぎで死ぬって、いやな死に方ですね・・・

マグナカルタに関する本は、「イギリス史」の棚にあると思いきや、
法学部のほうにありました。
法学部の本はどれも宇宙ですね・・・

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

佐藤賢一著『英仏百年戦争』感想

  タイトル:英仏百年戦争 (集英社新書) 直木賞作家佐藤賢一著。英仏百年戦争とは何か。そもそも本当に100年の戦争だったのか百年戦争の原因をノルマンコンクェストから掘り下げて解説してくれて …

no image

慶應通信に入学する時の願書に書いた『一冊』

慶應義塾大学通信教育課程に入学するにあたって、願書と一緒にレポートみたいなものを書きましたね・・・うろ覚えですが。 その小論文の一項目があなたが勉強したいジャンルの一冊を述べよみたいなものがあったかと …

no image

古代オリエント考古学?のレポート3ヘレニズムとユダヤ プトレマイオス→セレウコス朝下に置かれた パレスティナにおけるユダヤ人の抵抗

古代オリエントのレポートその3です。 3、プトレマイオス→セレウコス朝下に置かれた パレスティナにおけるユダヤ人の抵抗 前301年、イプソスの戦いでプトレマイオス朝の領土になったパレスティナは、ヘレニ …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …

no image

『これだけは知っておきたい聖書の考古学』感想

現在「オリエント考古学」の勉強中です。 入っている慶友会「東京三田クラス」のあつまりは、土曜のPMなので、AMは慶應三田キャンパスのメディアセンターに行くようにしています。 今回は、先週後半からはじめ …