文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『マグナ・カルタ』を探して図書館ウロウロ

投稿日:

本日はレポート締切日でした。
お疲れ様でした。ラストはエスプレッソのみまくりでがんばりました~!

西洋史特殊3の参考リストにあるCSデービス?「マグナ・カルタ」を大学図書館に探しに行きました。

結構苦労して探しましたが、
実際、、見つけてだすと、パンフレットのような本でびっくりw

さらに、カバー見てびっくり・・・実家にある本でした~

西洋史の卒論を書いた際に、
ブリティッシュライブラリーにこもって文献をあさったことがあったのですが、
確か、ブリティッシュライブラリーだか、
ブリティシュミュージアムのお土産やさんで
売っていた本です。

ああいう。。お土産屋で売っているような本って、
結構適当なところが適当に日本語訳をつけているのだと思っていましたが、、、
城戸先生や訳をつけていたとは・・・・すみません・・・・
マグナカルタにいたるまでの歴史と、
マグナカルタに書かれたことが載っている本で、

ここであれ??っておもったのが
「ジョン王は桃と新しいりんご酒をのみすぎたことによる赤痢で死亡」
と書いてあったことです。

先日読んだエドマンド先生『中世のイギリス』という本では
「ジョン王はヤツメウナギの食べすぎで死亡」とかいてありました・・・

結局のところ、ジョン王の死因はなんなんだろう?

いずれにせよ、、、食べすぎで死ぬって、いやな死に方ですね・・・

マグナカルタに関する本は、「イギリス史」の棚にあると思いきや、
法学部のほうにありました。
法学部の本はどれも宇宙ですね・・・

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『中世英仏関係史 ~ノルマン征服から百年戦争終結まで 』感想

タイトル:中世英仏関係史 1066-1500: ノルマン征服から百年戦争終結まで 内容:ノルマンコンクェストから、バラ戦争までの中世イギリス、フランスの複雑に絡み合った歴史が書かれている本です。封主と …

no image

ギリシア危機

私の持っている株が毎日毎日下がり下がりしかも、全株がまずい下がり方をしているので、欧州危機へのカウントダウン?を予感させます。 経済とか、政治とかまったくわからないので「ギリシアやばそうだよね」と聞か …

no image

修正派の矛盾を暴く『アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) 』感想

タイトル:アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) (白水Uブックス)内容:「大量殺戮は無かった」「死んだユダヤ人の数はずっと少ないものだった」などど広める、修正派の矛盾した歴史を否定し、アウシュビ …

no image

マルク ブロック 『封建社会』感想

西洋史専攻なら避けて通れない大家の基本中の基本の本、いまさらながらに読んでいます。 この本、歴史はもちろん、ヨーロッパの地理に明るくないと、難しい本です。 タイトルのとおり、封建社会について述べられて …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …