『マグナ・カルタの世紀―中世イギリスの政治と国制』感想

2012年8月24日


タイトル:マグナ・カルタの世紀―中世イギリスの政治と国制1199ー1307 (歴史学選書)
内容:中世イギリス・・・マグナカルタが制定された13世紀を中心とした歴史の流れが説明されています。
リチャード1世(獅子心王)から、ジョン王、エドワード1世までの治世、
イギリス内部の封建社会はどのように変化を遂げていったのか、
そして、ジョン王の時代の「マグナカルタ」について、
マグナカルタの内容、成立までのいきさつや、
ローマ教会との確執など、細かくのっています。

これまた西洋史特殊のレポート参考文献推奨リストに載っている
城戸先生の「マグナカルタの世紀」という本を読みました。
新しい本なので、日本語の言い回しが古くなく、つっかからずに読むことができます。
13世紀のイギリスについての理解が深まる本でした。

特に、マグナカルタの説明がわかりやすい。

中央集権的な封建王政と、諸侯権力がたがいに勢力を拡大していく過程での、衝突

そして、フランス王の臣下であったイングランド王が、封建関係を崩すような行動に出たため
大陸の領土を喪失することになった過程などを経て、

どのような理由の積み重ねでマグナカルタができあがったのか、
そして、つきつけられたジョン王は、マグナカルタをどう受け止めていたのか。
うん!!!この本面白い!

******
歴史って、時代によってみかたが変ってくるんですよね。

当時の人たちは、「ジョン王がチキンで、無能で、怠惰だったからフランスの領土の大半が奪われた!!」
といったかんじで、ジョン王の無能っプリを強調していましたが、

20世紀の歴史家の見解は、そうではないらしい。

でもなぜ、ジョン王は、大陸領の大半を失い「失地王」とあだなされるまでになってしまったのか。。。
その理由が、この本には書いてありました。

以前、高校世界史の先生が、
ジョン王時代以降、しばらく「ジョン」という名前は
犬につけられた~みたいなことを言っていて、
私もかつて犬にジョンとつけちゃいましたが・・・

この本を読んで、ジョン王の見方がかわりました・・・・
すみません。

肝心の、レポートに参考になるかならないかですが、
もちろん、大いに参考になります。ふせんつけまくりです。
イングランドの封建制の分岐点はいくつかありますが、
この本を読むとやっぱり
ウィリアム1世
マグナカルタ
シモンドモンフォールの乱
エドワード一世
あたりが鍵を握っていそうなかんじでした。

まだまだ封建制度について追っていこうと思います~

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA