文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『人はなぜ学ばないといけないのか』東洋と西洋の学びの違い

投稿日:

先日、福沢諭吉先生の『福翁自伝』を読みましたが、
きっかけは、斎藤孝教授の著書『人はなぜ学ばなければならないのか』の中で、
たびたび引用されていて気になったからでした。

現代人は、すぐに見返りを得られる勉強しかしなくなっている。

福沢諭吉は、蘭学を学びはじめたころ
「こんなに難しい書物を読むのはわれわれだけだろう。
だから学んでも(お金をとってだれかに教えることは期待できないだろうから)一銭にもならない」
と思っていましたが、

学ぶのが面白いからそれを学ぶ
福沢諭吉はそうした見返りをもとめない学びに没頭した時期が自分を育てた
とかたっています。

********

私たちの快適で幸福な生活は
理科 数学 社会 言語 芸術など
人類がこれまで学んできたものの総体でできており、

自分たちがなぜ現在のような生活をおくれるのか
しっかり理解しなければならないと、斉藤教授はのべていました。

学ぶ意義について述べているこちらの本ですが、
3章の、「ソクラテスとプラトンはどんな手法で学んだか
では、現代の西洋にもつながる学びの方法について書かれていて必見です

特に 「そうだったんだ!!!」とカンゲキしたのが

「東洋の学びと西洋の学びの違いについて」
のページ。
サンデル教授の「ハーバード白熱授業」でもあるように、
西洋は「対話」が学びの基本構造なのですよね。
コレは古代ギリシアから続く西洋の基本スタイル。


たいして、日本の大学だと、
教授の話を受動的に聞くかんじの授業スタイルが基本ですよね。
これは、じつは孔子からつづいている基本構造なのだとか。
孔子にとって、深く学ぶことは、
本をよみ、先生に話をきくこと。学ぶということは、まず覚えることだった。
知識を頭に入れることが目的ではなく、
めざしたのは
そうした知識をさまざまな物事に応用できる柔軟性をもつこと。
だそうです。


こういう教育の上に、今の日本があるわけで、

では、このタイトルでディベートしてください
とか急に言われると、シーンとなるのは
まあ、しかたがないですね(笑)

冒頭で、現代人は、すぐに見返りを得られる勉強しかしなくなっている

と教授は仰せですが、

たしかに、そういう風潮はあるかと思います。


通信でも、そういう人、多いです。
慶應卒の肩書きがほしいとか、大学卒業の肩書きがほしいとか、
株でもうけたいから経済学部入った
とか
ちょっと意味不明なのも混じってますが(笑)

ただ、慶應通信では、
そういう人はすぐやめちゃう人が多いきがする・・・・

なぜなら、「すぐに見返りを得られる」ことはないからです。

結局 
この学問が好きだから 勉強がすきだから いろんなことが知りたいから
という動機でつづけている人が残っている気がします。

私は、そういう人たちとたくさん出会えたことが、
けっこううれしい。

最初は、肩書きがほしいと思って入学したひとも、
勉強つづけていくと、だんだん勉強がたのしくなって~という人もいます。
せっかくの学ぶ機会を大切にしたいですね

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス『告白』 食欲の誘惑に対する態度

アウグスティヌスの『告白』の中で、興味ある箇所を論じるのがレポート課題  レポート課題には出来なさそうですが、とても気になる箇所があるんです。それが、下巻p56からはじまる食欲の誘惑に対する態度 につ …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …

no image

ハイデガー哲学 『存在と時間ー統合的解釈の試み』感想 

内容:ハイデガーの『存在と時間』の解釈からなる本。結構ページ数多いうえに、内容がかなり濃いです。ハイデガーを深く知るにはぴったりの解説本。 法政大学出版局の『存在と時間ー統合的解釈の試み』を読みました …

no image

『時間論の構築』再読

ちょうど今から1年前の2012年5/15に、中山康雄『時間論の構築』を読みました。たしか、ブログにも「さっぱりだった~」みたいな感想を書いたような・・・・。 1年前はなに書いてあるのかさっぱりでしたが …

no image

今日もデカルト『情念論』のつづき

  おとといからデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。 動物精気の登場によってさっぱりわからなくなったデカルトの『情念論』レポート書けるか か な り ふあんですが、懲りずに読み …