文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

投稿日:

ハリーポッターが好きです。

英会話や長文読解の勉強の多くは
ハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。
映画はDVDの設定を
英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。

ハリーポッターの映画といえば、
原作にないシーンがいくつかありますが、
そのうちのひとつ。
ホグワーツ合唱団がかえるを抱えながら、
歌うシーンがあります。


あれ、実はシェイクスピアのマクベスからの一節です。
ファンか、英文学科以外の人は気づかないほどのシーンかも。

合唱団が歌っているマクベスの歌詞はこちらです

↓↓↓

Double, double toil and trouble 
Fire burn, and cauldron bubble 
Fillet of a fenny snake 
In the cauldron boil and bake 
Eye of newt and toe of frog 
Wool of bat and tongue of dog 
Adder’s fork and blind-worm’s stin 
Lizard’s leg and owlet’s wing 
For a charm of powerful trouble 
Like a hell-broth boil and bubble 
Double, double toil and trouble 
Fire burn and cauldron bubble 

シェイクピアを日本語以外で読んだことありませんが、
この歌を聴くと、いかにシェイクスピアが天才だったかわかる気がします。
そして、英語は韻を踏むことをいかに大切にしているかということにも。

近世英文学史を勉強中ですが、
休憩中にハリーポッターをみて、
今度はシェイクスピアを勉強したくなってきました(*^。^*)

ハリーポッターにそんなシーンあったかな?というかた、
映画からこのシーンを探してみてください♪

なぜ、このシーンで、マクベスの、ここの歌なのか、
双方の英語を合致させると、理由はなんとなくわかってきます。
こういう遊び心をさがすのも、おもしろいですね。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ

英語3のテキストにも載っているジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。こちらには、一冊に、複数の短編が入っている本です。象の撃つは2番目のお話。ビルマに駐在している英国人保 …

no image

ジョン ダン詩集

図書館で、ジョン ダン詩集を読んでみました。 16世紀~17世紀、イギリス人の詩人で 初めて読みました。 感想かけるほど、理解はしなかったのですが、最初のほうに載っていた「蚤」というタイトルの詩にギョ …

no image

ディケンズ『リトル ドリット』感想その3

タイトル:リトル ドリット(日本語版は絶版のためamazonでは売っていません・・・)内容:債権者監獄で20年以上生活していたドリット家が、ひょんなことからすごく遠縁(?)の遺産を相続し、貧しい生活か …

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …

no image

トマスモア『ユートピア』感想

タイトル:ユートピア (岩波文庫)  内容:イギリスの人文主義者トマスモアによる書物。空想の国ユートピアを語りつつ、イギリス国内の政治などに対する悪口ぶつぶつ書いた本(?) トマスモアのユー …