ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

2012年6月6日

ハリーポッターが好きです。

英会話や長文読解の勉強の多くは
ハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。
映画はDVDの設定を
英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。

ハリーポッターの映画といえば、
原作にないシーンがいくつかありますが、
そのうちのひとつ。
ホグワーツ合唱団がかえるを抱えながら、
歌うシーンがあります。


あれ、実はシェイクスピアのマクベスからの一節です。
ファンか、英文学科以外の人は気づかないほどのシーンかも。

合唱団が歌っているマクベスの歌詞はこちらです

↓↓↓

Double, double toil and trouble 
Fire burn, and cauldron bubble 
Fillet of a fenny snake 
In the cauldron boil and bake 
Eye of newt and toe of frog 
Wool of bat and tongue of dog 
Adder’s fork and blind-worm’s stin 
Lizard’s leg and owlet’s wing 
For a charm of powerful trouble 
Like a hell-broth boil and bubble 
Double, double toil and trouble 
Fire burn and cauldron bubble 

シェイクピアを日本語以外で読んだことありませんが、
この歌を聴くと、いかにシェイクスピアが天才だったかわかる気がします。
そして、英語は韻を踏むことをいかに大切にしているかということにも。

近世英文学史を勉強中ですが、
休憩中にハリーポッターをみて、
今度はシェイクスピアを勉強したくなってきました(*^。^*)

ハリーポッターにそんなシーンあったかな?というかた、
映画からこのシーンを探してみてください♪

なぜ、このシーンで、マクベスの、ここの歌なのか、
双方の英語を合致させると、理由はなんとなくわかってきます。
こういう遊び心をさがすのも、おもしろいですね。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA