文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

投稿日:

ハリーポッターが好きです。

英会話や長文読解の勉強の多くは
ハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。
映画はDVDの設定を
英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。

ハリーポッターの映画といえば、
原作にないシーンがいくつかありますが、
そのうちのひとつ。
ホグワーツ合唱団がかえるを抱えながら、
歌うシーンがあります。


あれ、実はシェイクスピアのマクベスからの一節です。
ファンか、英文学科以外の人は気づかないほどのシーンかも。

合唱団が歌っているマクベスの歌詞はこちらです

↓↓↓

Double, double toil and trouble 
Fire burn, and cauldron bubble 
Fillet of a fenny snake 
In the cauldron boil and bake 
Eye of newt and toe of frog 
Wool of bat and tongue of dog 
Adder’s fork and blind-worm’s stin 
Lizard’s leg and owlet’s wing 
For a charm of powerful trouble 
Like a hell-broth boil and bubble 
Double, double toil and trouble 
Fire burn and cauldron bubble 

シェイクピアを日本語以外で読んだことありませんが、
この歌を聴くと、いかにシェイクスピアが天才だったかわかる気がします。
そして、英語は韻を踏むことをいかに大切にしているかということにも。

近世英文学史を勉強中ですが、
休憩中にハリーポッターをみて、
今度はシェイクスピアを勉強したくなってきました(*^。^*)

ハリーポッターにそんなシーンあったかな?というかた、
映画からこのシーンを探してみてください♪

なぜ、このシーンで、マクベスの、ここの歌なのか、
双方の英語を合致させると、理由はなんとなくわかってきます。
こういう遊び心をさがすのも、おもしろいですね。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …

no image

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』感想

【中古】 ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1) 価格:200円(2012/4/18 13:03時点)感想(0件) 今日は英文学を楽しみました。何度読んでも味があるシャーロット・ブロンテの …

no image

『イギリス文学散歩』でイギリス文豪ゆかりの地に思いをはせて

イギリス文学散歩という、ガイドブックのような、写真集のような本をよんでみました。 この本では、英文学を代表する文豪が大作を書き上げた場所であったり、晩年を過ごした場所であったりする場所を美しい写真とと …

no image

アメリカの歴史教科書 感想

 アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書をよみました 日本の歴史教科書・・・・年号並べ立てた教科書イギリスの歴史教科書・・・・家系図ばっかりの教科書韓国の歴史教科書・・・ファンタジーという噂の教科 …

no image

イギリス版『キャッツ』のDVDを購入~。TSエリオットはやっぱりすごい。

ESエリオット原作のミュージカル「キャッツ」のDVDを購入しました。 DVDのいいところは、字幕を変更できるところです。 劇団四季の「キャッツ」は何度かみたので、ストーリーやせりふを覚えているので、 …