文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

今更ながら、『ソフィーの世界』を読んでみました。

投稿日:

中学校の頃、叔母にプレゼントされた『ソフィーの世界』を
今更ながら読んでみました。

あなたはだれ? という不思議な手紙を受け取るところから
ソフィの哲学的世界が始まるストーリー。

ソフィーの世界の作者は
北欧の人みたいで、

哲学は、神話への疑問から始まったという説明で、
多くの哲学書ではギリシア神話を例にとるところ
北欧神話を例に挙げているところが おお!?と気になりました。

以前、ハンザ都市のどこか・・・リガ?だかどこかで、
収穫祭に出くわしたことがあります。
広場で北欧神話の劇をやっていたのですが、
まさにソフィーの世界に書いてあったお話とおなじでした。

トールがトロールの王にハンマーを奪われてしまい
フレイアの姿に女装しうんぬんというストーリー。

ここで、ソフィーの話とはまた違った疑問が浮かび上がってきましたよ。

ギリシア神話の最高神はゼウスですが、
ゼウスってたしか、雷をつかさどる神ですよね。
そして、北欧神話の最高神トールも雷をつかさどる。

なんで雷なんだろう?と、???が浮かんできました。

もし私が神話を作るなら(笑) 太陽神を最高神に奉ります。

なぜ雷?そして、なぜ私は 太陽>雷という考えがふっと浮かんできたのだろう?

さぼっていたけど、小学校から学んでいる理科の授業の賜物でしょうか?
それとも、日本文化の根底にある天照大神にリンクされているのでしょうか

あと、。。。北欧神話の最高神って、オーディンだとおもっていたんだけど、
違うんだ。。?複数いるのかな?なんかどんどん自分の無知が気になってきますww
Wikiでは
トール。雷の神にして北欧神話最強の戦神。農民階級に信仰された神であり、
元来は
オーディンと同格以上の地位があった
って書いてありますね~。

********

さすが哲学を問いかける本。奥深いです(*^。^*)

ソフィーの世界では、途中から
西洋哲学史の教科書ばりの説明が入ります。

タレスから始まる自然哲学。
アナクシメネスの説明で、彼は
万物の根源(アルケー)は空気(息)であるとした 
といった説明があります。
そのストーリーは有名ですが、
空気が最も薄くなると火となる。
空気が濃くなると水になる。
ここも聞いたことがありました。

しかし。。。
さらに空気が濃くなると土や石になるといった

ということは知りませんでした。
ふむふむ。。。

こんなかんじで、「智を愛する」哲学を楽しみながら
今ソクラテスのあたりまで
進んでいます(^-^)

プレゼントしてくれたこの本、

叔母はおそらく中学の私に読んでほしかったに違いありませんが、
中学時代の私の学力では読めるものではないですね・・・

中学の頃、漫画以外によんだ本なんか
ドラゴンクエストのすごろく小説以外にありませんでしたから・・・(笑)

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

歴史哲学のレポートあげてみる①。ヘーゲルとかプレハーノフが題材のやつ

歴史哲学のレポートを見つけたので上げてみたいと思います。 なんの題材かわすれたけど、ヘーゲルとプレハーノフのことがかかれてました。 とりあえずヘーゲルのほうからあっぷしたいとおもいます ヘーゲルは歴史 …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …

no image

西洋哲学史レポート1 アウグスティヌスの記憶論

大学時代に書いた西洋哲学史1?のレポートもありました。 文字数的には、これはかきとちゅうのレポートだったかも?? このレポートはアウグスティヌスのレポートみたいです。中身は記憶論。 アウグスティヌス「 …

no image

昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・

昨日も今日もそして、多分明日もアウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。 枕頭の書として欠かせない本ですね。 線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、 まだ迷い中。 …

no image

ハイデガー哲学 『存在と時間ー統合的解釈の試み』感想 

内容:ハイデガーの『存在と時間』の解釈からなる本。結構ページ数多いうえに、内容がかなり濃いです。ハイデガーを深く知るにはぴったりの解説本。 法政大学出版局の『存在と時間ー統合的解釈の試み』を読みました …