文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

イケメン紳士 シドニーに関する詩を探す

投稿日:

 

先日、はじめて学ぶ英文学史↑という本で

イケメンを髣髴とさせる
sirフィリップ・シドニー作『アストロフェルとステラ』という詩をみつけ、
感銘を受け、
心にメモってブックマークしていたのですが、

今日は近世英文学史の教科書で
詩人スペンサーが フィリップシドニーの死を悲しむ詩を
書いていたことを知り
しかも、そのタイトルにアストロフェルという字が入っていたので、
ちょう気になって。。。

図書館でごそごそスペンサーの詩を探す作業をしていました。

しかし。。。意外?該当の詩が図書館の本にかいてない。
今度大学の図書館へ探しに行こう。


以前、岩波文庫で「イギリス名詩選」という本をもっていました。
借りパクされて、以降手元に無いのですが、
『イギリス名詩選』は
左ページに英語
右ページに日本語が書いてある本で、

いろんな時代の英文学に名をはせた詩人の作品が載っていました。
もしかしたら、
あの本にあったかもしれないなぁとおもいながら。。。
今度ブックオフで見つけたら
購入しなおそうとおもいます。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

イギリス版『キャッツ』のDVDを購入~。TSエリオットはやっぱりすごい。

ESエリオット原作のミュージカル「キャッツ」のDVDを購入しました。 DVDのいいところは、字幕を変更できるところです。 劇団四季の「キャッツ」は何度かみたので、ストーリーやせりふを覚えているので、 …

no image

TSエリオット『キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法』感想

作品名:キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法 (ちくま文庫) 内容:詩人エリオットの、ねこばっかりの短編集。気まぐれネコ、きれい好きなおばあさんネコ、政治大好きお金持ちなネコみんなに大切にされる …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本。15世紀から17世紀前半まで

私が専攻したのは英文学ではありませんが、英文学が好きでその関係の講義をいくつかとっていました。そのうちの1つ英文学史(近世だったかな?)のファイルがpcからでてきたのであげてみたいとおもいます。以下が …

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …

no image

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

  「パタリロ」というアニメをアニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、 EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがありクックロビンってなんだ?と以前から気 …