文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

アウグスティヌス 告白(上)

投稿日:


 

 

 

カトリックでは聖人に列せられている

「聖アウグスティヌス」が書いた本です。

 哲学書としても、神学書としても有名で、1500年たった今でも

世界中で読まれています。

 

上巻は生まれてから改宗、母の死までをつづった自叙伝形式になっていました。

 

 

 

友達と一緒に畑の作物をぬすんだ子供時代を思い、悪とは何かを考え、

 

友の死から、限りあるものを愛するむなしさを考え、

 

教義に矛盾を感じる、マニ教への不信

 

聖アンブロシウスから得た聖書への解釈

 

 

 

一冊の本に深い、深すぎる考えが詰め込まれています。

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『科学哲学入門』という入門書すら難しい・・・・科学哲学奮闘月間

 タイトル:科学哲学入門―科学の方法・科学の目的 (Sekaishiso seminar) 内容:amazonから引用すると・・・科学を特徴づけるものは何か。正統的科学哲学と新科学哲学の対決 …

no image

もう、何度目でしょう、、、アウグスティヌス『告白(下巻)』を再読

3年目に入った通教ライフですが、たぶん、3年間で一番読んでいる本はこちらアウグスティヌスの『告白 下巻』でしょう。 ぶっちぎり。 一年のころ、まずは西洋哲学史を出そうと思って、読み進め始めたのですが、 …

no image

『人はなぜ学ばないといけないのか』東洋と西洋の学びの違い

先日、福沢諭吉先生の『福翁自伝』を読みましたが、きっかけは、斎藤孝教授の著書『人はなぜ学ばなければならないのか』の中で、たびたび引用されていて気になったからでした。 現代人は、すぐに見返りを得られる勉 …

no image

今日もデカルト『情念論』のつづき

  おとといからデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。 動物精気の登場によってさっぱりわからなくなったデカルトの『情念論』レポート書けるか か な り ふあんですが、懲りずに読み …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察 …