文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

アウグスティヌス 告白(下)

投稿日:


 

上巻が自叙伝的なのに対し、

下巻は哲学的、神学的記述が多く、好き嫌いが分かれるかもしれません。

 

私は断然下巻派です。

下巻、私がすごく印象に残ったのは

彼が多角的視点から行っている 神の存在証明。これにつきます。

神の存在証明は、時間論におよび、

人間の記憶についての説明も圧倒されながら何度も何度も読み直してしまいました。

 

 

 

 

この作品を読んで、カトリックと正教の根本的な違いを感じました。

そして、哲学って面白そうだなぁと、興味がふつふつわいてきました。

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

科学哲学のレポート1アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

科学哲学のレポートを挙げてみたいとおもいます。 科学哲学のレポートは、自由課題だったような気がするあ?違うかも?数点の中から選べだったかも?私はアウグスティヌスが好きなので、アウグスティヌスの時間論を …

no image

『時間の科学』読み途中。

ニュートンの主張した「絶対時間」ですが、18世紀以降、科学が確立されていくなかで、神のはなしは棚上げされ、絶対時間の概念だけが残っていきました。 そして、19世紀半ばの熱力学の誕生と、20世紀はじめの …

no image

『科学哲学(ブックガイドシリーズ基本の30冊)』 感想

  タイトル:科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊) 本の内容:アリストテレスからはじまり、現代の科学哲学まで、 科学哲学に関する本の紹介と、それぞれの哲学者の考えの説明が わかりや …

no image

科学哲学のレポート5アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いというレポートタイトルでかきました。 科学哲学のレポートは難産だった記憶はありません。レポート合否基準はちょっと緩かった記憶がありましたよー & …

no image

『アウグスティヌス『告白』の哲学 』感想

タイトル: アウグスティヌス『告白』の哲学 内容:アウグスティヌスの著書『告白』の詳しい解説と、『告白』の中で展開された哲学的解釈の説明が書かれた本。アウグスティヌスが『告白』を執筆した時期 …