文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

アウグスティヌス 告白(下)

投稿日:


 

上巻が自叙伝的なのに対し、

下巻は哲学的、神学的記述が多く、好き嫌いが分かれるかもしれません。

 

私は断然下巻派です。

下巻、私がすごく印象に残ったのは

彼が多角的視点から行っている 神の存在証明。これにつきます。

神の存在証明は、時間論におよび、

人間の記憶についての説明も圧倒されながら何度も何度も読み直してしまいました。

 

 

 

 

この作品を読んで、カトリックと正教の根本的な違いを感じました。

そして、哲学って面白そうだなぁと、興味がふつふつわいてきました。

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『時間論の構築』という本を読んでみたけど私には難しすぎでした(ーー;)

  たいとる:時間論の構築 本の内容:(さっぱりわからなかったので、amazonのを引用)アリストテレス、アウグスティヌスから現代までの時間論を紹介・検討。「体験と世界」という二つの視点から …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …

no image

タイムトラベルは可能か?『図解雑学 タイムマシーンと時空の科学』感想

タイトル:タイムマシンと時空の科学 (図解雑学) 内容:最新のタイムマシーン研究に関する説明と、ブラックホール相対性理論や量子論についてわかり易い図で説明してある本です。学術書のような堅苦しさがなく、 …

no image

今更ながら、『ソフィーの世界』を読んでみました。

中学校の頃、叔母にプレゼントされた『ソフィーの世界』を今更ながら読んでみました。 あなたはだれ? という不思議な手紙を受け取るところからソフィの哲学的世界が始まるストーリー。 ソフィーの世界の作者は北 …

no image

『アウグスティヌス『告白』の哲学 』感想

タイトル: アウグスティヌス『告白』の哲学 内容:アウグスティヌスの著書『告白』の詳しい解説と、『告白』の中で展開された哲学的解釈の説明が書かれた本。アウグスティヌスが『告白』を執筆した時期 …