文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

東洋史

『ラストエンペラーと近代中国 (中国の歴史)』を読みました

投稿日:

太平天国の乱について、他の書物でも読みました。

ココでは、洪秀全の活動履歴だけでなく、
洪秀全の生まれ育った環境に視点を向けているページがあります。

洪秀全は客家なのだそうです。

客家とは、漢民族の1グループで、
中国古代の戦乱をさけて南へ移住したという伝承を持つ人です。
客家が広東へ入植したとき
すでに広東人が住んでいたため客家の多くは条件の悪いところに定着せざるを得ませんでした。

広東人からよそ者と差別され貧しい生活を余儀なくされていた客家は
コンプレックスの裏返しとして
「自分たちこそは黄河文明の発祥地から来た正統な漢民族の末裔である」と
 屈折したアイデンティティをもっていたらしい

洪秀全の親は息子に期待して金のかかる科挙試験にあたらせましたが、
客家のような移民では受験できないケースもあっったそうで、、
他の受験者とくらべると、おもうところがあったのでしょう

この本によると、
差別の中で 
下層移民のエネルギーをユートピアの建設へと向かわせることにより
疲弊した中国社会を再生しようと試みたのが
太平天国という形になって現れたと解説してありました。

 1つ前に読んだ本とは、視点が違っていて面白い本でした。

この本、いい本なんですけど、一点問題が・・・
怖い写真がのってて、ヒィィ・・・となりました。
義和団処刑の図の写真では、数人の首が転がっていました。

もう一つは、首がちょん切られた瞬間の写真もありました・・・
思わず付箋つけて隠しました

発展途上国で、薬物中毒者が路上で死んでいるところとか、
へその緒ついてる子どもの死体とか捨てられてるところはみたことありますが、
白黒写真といえど、死んだ人は、、こわいです。。。

-東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『シリア アサド政権の40年史』その2 シリア内乱のはじまり について

シリアの内乱について、アルジャジーラや欧米のメディアの報道を書き写しただけみたいな日本の新聞の情報がお茶の間に 事実真実のように伝わっちゃってますが、 こちらの本は、この内乱が終わって、情報操作の内部 …

no image

嘉慶白蓮教反乱、太平天国による反乱、義和団事件3つの内乱と清朝解体について

こんなレポート書いた記憶全くないんだけど、私のワードに入っていたのであげておきます ほんとっ・・・まったく記憶にないwwww  ウィットフォーゲルが清を「征服王朝」と定義したように、清朝は少数の満族が …

no image

『ラストエンペラーと近代中国 (中国の歴史010) 』再度読む

東洋史概説2のレポート不合格で戻ってきました。文字数足りなすぎる、諸内乱のまとめはよかったけど、それらを関連付けたレポートを!というコメントをいただきました。 そして、 「ラストエンペラーと近代中国 …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その1、今中東がどういう状況なのか

『シリア アサド政権の40年史』昼休みに30ページくらい読みましたー。歴史学者の本と比べると、臨場感あるし、回りくどい単語使わないので、すごく読みやすい本です。 今、アラブで起こっている 革命?混乱? …

no image

『図説 史記の世界』を借りてきました。

史記が面白すぎて、借りてきちゃいました ふくろうの本の図説『史記の世界』ふくろうさん、写真が多くて大好き。 『史記の世界』は、読むというより「みる本」でした。 史記の舞台となった世界の写真とともに史記 …