文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

デカルト『情念論』をまた よみはじめ

投稿日:

去年途中でよみやめた デカルトの「情念論 (岩波文庫) 」再開しました。
デカルトときくだけで
以前読んだ書物での長生きエピソードと起床時間エピソードがちらついてしまいますww

image

すべてを疑うことによって物事の真偽をとこうとしたデカルトさん
先入観を排除して、すべてのものを疑いをもち真理探究に勤しみました。

そんなデカルトが、
古代から受け継いだ学問がいかに間違っているか、
何よりもこれがよく現れているのは、情念について古人のものが書いたものである

と考え、そこから彼の情念論がはじまります。

「死体すべてには熱がなくなり、したがって運動もなくなるのを見て
この運動と熱をなくさせたのは精神の不在だ」と思い込んでいた古人たちのかんがえをばっさり。

デカルトは
「人が死ぬとき、精神が去るのは、ただ、この熱が消えて身体を動かす器官がこわれるからなのだ」
と反対に考え

ここから、体の主要部分のどらが壊れるからおこるのか、深くかんがえはじめます。

まず、
生きた人間の身体と
死んだ人間の身体の違いはどこなのか

時計や自動機械(!?!?!?!)を例えにしたあたりがイマイチわからなかった。
生きた人間→ぜんまいがまかれて中の機械も問題なく起動している
死んだ人間→ぜんまいをまこうとしても中身の部品のどっかがこわれているので動かない?
ぜんまい→精神
中の歯車などの部品一式→身体
かな?うん。わからん・・・

ここから身体の器官の説明にはいっていくのですが、

心臓についての説明文はわかったのですが
神経がわからんかった・・・・

神経→すべて脳からでてくる細い糸、管
   内部は脳と同じくきわめて繊細
   ある種の空気、または風を成分としている
これを動物精気という

なんか、前回もここでつまづいたきがする
動物精気に見覚えがあるから(笑)

わたしの親は医療関係者ですが、
神経がどんなものなのかわたしにゃわかりません。
神経って、見えるの・・・?
空気、風を成分としているって・・・何?
謎が深まりました・・・さすがデカルト

お昼にちょっとよんだだけなので、10ページくらいです。
この後に動物精気についてのわかりやすい説明があるのか、、、
どうでしょう

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス 告白(上)

      カトリックでは聖人に列せられている 「聖アウグスティヌス」が書いた本です。  哲学書としても、神学書としても有名で、1500年たった今でも 世界中で …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる②ヘーゲルとプレハーノフの歴史哲学

前回に続き、大学時代に書いた歴史哲学のレポートです。 レポート課題はわすれました。ヘーゲルとプレハーノフを読んで云々だとおもいます 今回はプレハーノフから。プレハーノフはどこにもうってなくって、手に入 …

no image

またまたアウグスティヌス3連

   先週末から ドキッ!アウグスティヌスだらけの哲学史大会っ!って感じです(意味不明)もう、おなか一杯で、秋までアウグスティヌスを見たくありません(笑)  西洋哲学史Ⅰのレポ書く …

no image

今日もデカルト『情念論』のつづき

  おとといからデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。 動物精気の登場によってさっぱりわからなくなったデカルトの『情念論』レポート書けるか か な り ふあんですが、懲りずに読み …

no image

シュヴェーグラー『西洋哲学史 下巻』読んだ!

西洋哲学史2のレポートを書くために岩波文庫のシュヴェーグラー『西洋哲学史 (下巻) (岩波文庫 (33-636-2)) 』を読みました下巻はちょうどデカルトからはじまってます。 この本の「明晰判明~」 …