文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 英米文学

加藤恭子『アーサー王伝説紀行神秘の城を求めて』読んだ!

投稿日:


 タイトル;アーサー王伝説紀行―神秘の城を求めて (中公新書)

内容:アーサー王伝説の概要と、舞台となったと推測されている場所を訪れた著者がそこで何を見たか、
現地の人はどうみているのかなどが書かれた本。読みやすい。

スクーリングを終えて、レポートにとりかかりたいところですが、
現実逃避にアーサー王関係の本をよみはじめました。

加藤恭子『アーサー王伝説機構 神秘の城を求めて』
だいぶ前に購入した本で、もちろん、昔読みましたが・・・・

永遠の恋人 ランスロットの章を再度読み返しました。
毎度の事ながら、ランスロット卿がイケメンすぎて眩暈がします。

架空の人を含めると、英国3大イケメンは
1、ランスロット(アーサー王物語)
2、フィリップ・シドニー(詩人)
3、ジョン・ナイトリー(Jオースティンの小説『エマ』に出てくるイケメン)
ですね

ランスロットというと、アーサー王物語の中心人物の一人(中心人物だよね?え?私だけ?)で、
アーサー王に忠誠を誓う騎士でありながら
王妃への愛ゆえになんやかんややらかして
逃げてドンパチうんぬんという中二病設定の人物ですが、イケメン

私は、ランスロットが息子ガラハッドとの出会いのシーンがどんな感じだったのか 
ランスロットが逃げおおせたとき、ガラハッドはどういう心境で、どっち側についたのか
いまいちわからんかったので、この本を読んでみたけど・・・・
やっぱりわからなかった・・・そこのところは、アーサー王伝説シリーズ読まなきゃだめかな

あと、アロンダイトのことも気になっていたけど
永遠の恋人の章にはかいてなかったなぁ・・・他の章にあったりするかな?読んでみよう。
ランスロットはアロンダイトという剣を持っているという話は有名ですが、
それは あとづけ という話を聞いたので、ルーツを知りたくなったんですよ

アーサー王伝説に関する本を読み漁ってしまいそう~~
レポートとはまったく関係ないけど

コチラの本ではガラハッドについての記述は少ないけど、
時折出てくる伝説の場所と、ここであろうと推測されている場所の記述があるので、
物語をよみながら、地理的な把握ができるのでワクワクします
ああ。イギリス行きたい・・・ってなる

-ヨーロッパ史, 英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

佐藤賢一著『英仏百年戦争』感想

  タイトル:英仏百年戦争 (集英社新書) 直木賞作家佐藤賢一著。英仏百年戦争とは何か。そもそも本当に100年の戦争だったのか百年戦争の原因をノルマンコンクェストから掘り下げて解説してくれて …

no image

オーウェル『動物農場』読み終えましたが、この本、すごい!!!

衝撃受けました。なんというか・・・、こんなん初めて読みました。 人間を追い出してから、動物たちが動物たちだけの農場を経営し、 国のような物をつくりあげていくのですが、さいしょ、人間のいない、理想の農場 …

no image

『消えた古代都市バビロニア』感想~!ネブカドネザルは思ったより残虐ではない?

タイトル:消えた古代文明都市―バビロニア (アリアドネ古代史スペクタクル) 内容:古代都市「バビロニア」について書かれた本。バビロニア王国成立前の歴史から入り、政治史の章、ユダヤとのかかわり、バビロン …

no image

ディケンズ『リトル・ドリット』感想その2

リトルドリット、まだまだ読み途中です。 まだ、話のオチがぜんぜん読めなくって、むずむずしています。 リトルドリットというタイトルですが、 どうやらアーサークレナム氏が話の中心となっているようです。リト …

no image

修正派の矛盾を暴く『アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) 』感想

タイトル:アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) (白水Uブックス)内容:「大量殺戮は無かった」「死んだユダヤ人の数はずっと少ないものだった」などど広める、修正派の矛盾した歴史を否定し、アウシュビ …