文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

日本美術史

鈴木英道先生の『日本美術全史』を読みました。

投稿日:

絵巻物の歴史を紐解くべく、鈴木英道先生の『日本美術全史』を読みました。
先週読んだ本がすごくよかったので、今回も期待してかりてきたんです。
うん。この本もすごくわかりやすくって最高でした。

日本美術史1のテキストって、平安後期まででちょん切れているんですよね。

でも、『紫式部~』の絵巻物の制作年代は13世紀といわれてる・・・・
ということは、テキストの後の時代も理解しなければならないというわけで。

平安後期の「つくり絵」は13世紀になると、いろいろな変化がみられるのですが、
彫刻、仏画なども変化する時代。
絵巻物はどういう変化があったのか。

美術って、通史で読む機会はあまりないので、
美術史、面白いなぁと勉強になりました。

ただ、鈴木先生がよく使う「鎌倉のバロック」とか「平安のマニエリスム」という単語は、
他の書物では見かけなかったので、
ココをそのまま引用するのは危険かな?

平安→鎌倉になって、画風が換わっていくことについて、
私は 貴族社会から武士社会に変化していったから絵の流行がかわっていたんかとおもってたのですが、

田中先生は、運慶とか、画家が世の中が鎌倉時代になったからといって、コロリと絵柄をかえた?そんなことはない。
と考えていたみたい?

政治的変化が芸術を変えたという安直な考えを否定していました。

区の図書館レベルでは、通史で丁寧な解説があるのは
この本くらいでした。
『源氏物語~』の参考文献は、絵の手法じゃなくって、
絵を見ながら源氏物語を楽しもう的な本だけ。
『紫式部~』にいたっては、この本以外に書いてあるのはなかった・・・

参考文献を探すのが億劫で、未熟ながら提出してしまった・・

-日本美術史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

江戸時代を代表するネコ好き歌川国芳の画集?『ねこと国芳』

先週、田中英道先生の本で日本美術のすばらしさを刷り込まれた私は、日本の浮世絵が気になって気になって、レポートの合間に図書館にある魅力的なタイトルの本を手にとってみました。 『ねこと国芳』という本です。 …

no image

『日本的感性―触覚とずらしの構造』という本の最初だけ読みました

区立図書館の「美術史」の棚に 『日本的感性』という本がありました。 美術史じゃなくって「美学」の本でした。 美学とは、18世紀ドイツではじまった哲学的学科で、「感性学」ともいわれているらしい。 日本文 …

no image

『日本美術 傑作の見方感じ方』よんでみた1

美術史好きなのですが、申し訳ないけど、日本の絵画がさっぱりわからない・・・西洋美術史オンリーラブです。 でも、日本美術史の知識を得れば得ただけ旅行や美術館めぐりが楽しくなるに違いない!!ということで、 …

no image

『日本美術 傑作の見方感じ方』よんでみた2天平のミケランジェロ

田中先生は、日本美術史の流れを9つに分けてそれぞれの特徴を述べていました。 1、プリミティブ土器、土偶、巨石文化 2、プレ・アルカイスム巨大な前方後円墳と埴輪の文化 3、アルカイスム法隆寺の書記仏教美 …

no image

日本美術史の模範解答の一部を発見?

日本美術史は、とある2つの絵巻物を比較し共通点、違いをのべて、なんてこういう変化があったか?みたいなものをまとめる というのがレポート課題。 ということで、その絵巻物の解説書を探すべくいろんな本を読ん …