文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

西洋史特殊 はじめました。。。

投稿日:

 

西洋史特殊 2だか3を
今回のテストに間に合うようにすべりこみレポートに使います・・・・
滑り込める教科は、基礎知識あるものしかできませんからね・・・
だんだんコマが少なくなってきました。

西洋史特殊2だか3だか
大好きなイギリス史なのですが。。
げげげ
封建制。。。ややこしいですね。。。

封建制に関する授業は
むかーーーしけっこう受けたのですが、
フランスとドイツの封建制度だったので、

イギリスとなると。。新鮮。

ドーヴァー越えただけで
こんなに違うんだぁと
フムフム一人ごちながら

マルクブロックの『封建社会』を読んでいました。

マルクブロックといえば、
ヨーロッパの歴史を勉強する際の
基本中の基本で、
なんどもなんどもいろんな教科書の類出てて来ます。

でも、、、、史学を学んでいたころは
結局マルクブロックの本読んだことはありませんでした。高いし。

封建制がうやむやのままでも、西洋史。。
卒業できちゃいました。。。

そんなんなのに、
歴史学ぜんぜん関係ない学科の人にも
マルクブロックよませる慶應通信。

さすがは慶應といったところですね==

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『テンプル騎士団の謎 (「知の再発見」双書)』感想

タイトル:テンプル騎士団の謎 (「知の再発見」双書) 内容:テンプル騎士団の起源・たどってきた歴史、神話から入会の儀式や会則まで、写真が多く使われ、テンプル騎士団についてわかりやすい解説がな …

no image

最短記録かも。昨日の夜から読み始めた「オリエント考古学」、レポート半分書き終えました・・・

オリエント考古学にチャレンジ2日目。昨日の夜から読み始めたこちらのテキスト・・・ 図説 聖書考古学 旧約篇 (ふくろうの本)  読みやすいし、地図がたくさんでてきて、地理的な理解もしやすく、 …

no image

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポート作成のため、E …

no image

オリエント考古学のテキストにワクワク

オリエント考古学にチャレンジしたいと思います。 今日、オリエント考古学のテキストが届きました。慶友会の方が、「オリエント考古学がとりやすいよ」とおっしゃっていましたが、さて、どうでしょう。 …

no image

ギリシア危機

私の持っている株が毎日毎日下がり下がりしかも、全株がまずい下がり方をしているので、欧州危機へのカウントダウン?を予感させます。 経済とか、政治とかまったくわからないので「ギリシアやばそうだよね」と聞か …