文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

西洋史特殊 はじめました。。。

投稿日:

 

西洋史特殊 2だか3を
今回のテストに間に合うようにすべりこみレポートに使います・・・・
滑り込める教科は、基礎知識あるものしかできませんからね・・・
だんだんコマが少なくなってきました。

西洋史特殊2だか3だか
大好きなイギリス史なのですが。。
げげげ
封建制。。。ややこしいですね。。。

封建制に関する授業は
むかーーーしけっこう受けたのですが、
フランスとドイツの封建制度だったので、

イギリスとなると。。新鮮。

ドーヴァー越えただけで
こんなに違うんだぁと
フムフム一人ごちながら

マルクブロックの『封建社会』を読んでいました。

マルクブロックといえば、
ヨーロッパの歴史を勉強する際の
基本中の基本で、
なんどもなんどもいろんな教科書の類出てて来ます。

でも、、、、史学を学んでいたころは
結局マルクブロックの本読んだことはありませんでした。高いし。

封建制がうやむやのままでも、西洋史。。
卒業できちゃいました。。。

そんなんなのに、
歴史学ぜんぜん関係ない学科の人にも
マルクブロックよませる慶應通信。

さすがは慶應といったところですね==

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

史学概論のレポートが戻ってきました。結果は・・・

先月、締め切り駆け込み提出した史学概論のレポートが戻ってきました。 参考文献2冊という、しょうもないレポートでしたが、どうにかC、、、まあ、いいや、再レポにならなかっただけでもありがたいと思うことにし …

no image

『歴史学の革新―「アナール」学派との対話 』感想

 タイトル:歴史学の革新―「アナール」学派との対話 (テオリア叢書) 内容:19世紀までの、史料崇拝の時代が疑問視され、歴史学派新たな時代を迎える。現代歴史学の流れについて書かれた本で、マル …

no image

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで …

no image

帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのかという疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、 地域や時代順で解説している歴史書が多い中、 …

no image

古代オリエント考古学?のレポート3ヘレニズムとユダヤ プトレマイオス→セレウコス朝下に置かれた パレスティナにおけるユダヤ人の抵抗

古代オリエントのレポートその3です。 3、プトレマイオス→セレウコス朝下に置かれた パレスティナにおけるユダヤ人の抵抗 前301年、イプソスの戦いでプトレマイオス朝の領土になったパレスティナは、ヘレニ …