文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

西洋史特殊 はじめました。。。

投稿日:

 

西洋史特殊 2だか3を
今回のテストに間に合うようにすべりこみレポートに使います・・・・
滑り込める教科は、基礎知識あるものしかできませんからね・・・
だんだんコマが少なくなってきました。

西洋史特殊2だか3だか
大好きなイギリス史なのですが。。
げげげ
封建制。。。ややこしいですね。。。

封建制に関する授業は
むかーーーしけっこう受けたのですが、
フランスとドイツの封建制度だったので、

イギリスとなると。。新鮮。

ドーヴァー越えただけで
こんなに違うんだぁと
フムフム一人ごちながら

マルクブロックの『封建社会』を読んでいました。

マルクブロックといえば、
ヨーロッパの歴史を勉強する際の
基本中の基本で、
なんどもなんどもいろんな教科書の類出てて来ます。

でも、、、、史学を学んでいたころは
結局マルクブロックの本読んだことはありませんでした。高いし。

封建制がうやむやのままでも、西洋史。。
卒業できちゃいました。。。

そんなんなのに、
歴史学ぜんぜん関係ない学科の人にも
マルクブロックよませる慶應通信。

さすがは慶應といったところですね==

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのかという疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、 地域や時代順で解説している歴史書が多い中、 …

no image

マルク ブロック 『封建社会』感想

西洋史専攻なら避けて通れない大家の基本中の基本の本、いまさらながらに読んでいます。 この本、歴史はもちろん、ヨーロッパの地理に明るくないと、難しい本です。 タイトルのとおり、封建社会について述べられて …

no image

塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人 …

no image

E・H・カー『歴史とは何か』を読む2

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 先週から読んでいる歴史学の入門書 …

no image

『イギリス史 (世界各国史)』にある封建制の説明

イギリス史の概要をつかむためにイギリス史 (世界各国史)を読みました。 このシリーズ、歴史関係ではおなじみの本ですね~!!イギリスのははじめてよみましたが、なんか、、文字が大きかった・・・・気のせい? …