オーウェル『動物農場』読み終えましたが、この本、すごい!!!
英米文学 / 2013年7月28日

衝撃受けました。なんというか・・・、こんなん初めて読みました。 人間を追い出してから、動物たちが動物たちだけの農場を経営し、 国のような物をつくりあげていくのですが、さいしょ、人間のいない、理想の農場だったのが、 だんだんずれが生じてくる。 読みながらこれは何かに似ているななんだっけ?これ、なんだっけ? あ、北朝鮮か?いや、中国、いやいや、、シリアに似ている???? あ。。そうだ!レーニン トロツ…

オーウェルの『動物農場』読み始めました。
英米文学 / 2013年7月26日

英語Ⅲのテキストにある『象を撃つ』でおなじみオーウェルの小説を読み始めました。 『動物農場』です。 おとぎばなしとかいてある とおり、子どもでも読めるくらい漢字が少ない本です。 かといって、簡単な物語なのかというと、そうではない感じがします。 まだ10ページくらいしか読んでませんが、 人間が寝静まった夜?動物たちの会議のようなものがはじまります。 イギリスの国土は貧しいが、動物たちが幸せに生きてい…

一番戦ったレポートは、西洋史概説Ⅱでした(笑)
ヨーロッパ史 / 2013年7月21日

入学して一番に書いたレポートです。 D。評価もボロクソ(笑) GW明けに提出。 西洋史卒なのにDをもらった屈辱感から、 必死に全面かきなおし、 7月半ばに提出。 翌月戻ってきたけどD H條センセ、きびしぃー   こうなったらとことん調べてやると、 大学図書館のフランス革命棚読みふけりました。 再度全面書き直し。 前大学のゼミの先生に、卒論のときより真面目にやっているとわらわれ、 大学の教授に変なと…

またまたアウグスティヌス3連
西洋哲学 / 2013年7月17日

   先週末から ドキッ!アウグスティヌスだらけの哲学史大会っ!って感じです(意味不明)もう、おなか一杯で、秋までアウグスティヌスを見たくありません(笑)  西洋哲学史Ⅰのレポ書くために読んだ本を上げておきます。 まず、アウグスティヌス 愛の概念。こちらは、難しい・・・・。 メモリアについての記述があるのですが、そのあたりで連呼されているのが「至福の生」について。この本 至福の…

『アウグスティヌス『告白録』講義』を読みました。
西洋哲学 / 2013年7月16日

この本、なんかいも読んだ気がします。こちらの本、単体で読むと難しいのですが、 『告白』の解説本として、『告白』と照らし合わせながら読むととてもわかりやすいので、交互に読みました。 私が書きたかったレポートの内容は神の存在証明の巻からでてくる「記憶論」のところです。 この本では「メモリア」とかかれています。 アウグスティヌス『告白』10巻の中心をなしているのがメモリア内での神の場所の探求。 神の場所…

アウグスティヌス『告白』 食欲の誘惑に対する態度
西洋哲学 / 2013年7月12日

アウグスティヌスの『告白』の中で、興味ある箇所を論じるのがレポート課題  レポート課題には出来なさそうですが、とても気になる箇所があるんです。それが、下巻p56からはじまる食欲の誘惑に対する態度 について  「身体の日々の消耗を繕うための飲み食いは、甘美であって、その虜とならないように私は甘美と戦っている」 しばしば断食をして戦いを続け「私の身体を打ってコレを服従させる」こともあるが、やっぱり、空…

もう、何度目でしょう、、、アウグスティヌス『告白(下巻)』を再読
西洋哲学 / 2013年7月10日

3年目に入った通教ライフですが、たぶん、3年間で一番読んでいる本はこちらアウグスティヌスの『告白 下巻』でしょう。 ぶっちぎり。 一年のころ、まずは西洋哲学史を出そうと思って、読み進め始めたのですが、何度読んでもレポートがかけるきがしない。たぶん2011年4月から12月まで毎日読みました。 年末年始の旅行でも、これを持って旅行しました。 西洋哲学史のレポートは○○を読んで興味のある箇所をうんぬん~…

東京国際フェアでゲットしてきたお宝たち
イスラーム / 2013年7月5日

試験を明日に控えた身ですが、今週開催されている「東京国際ブックフェア」に行ってきちゃいました!!! 東京国際ブックフェアのレポートは旅行ブログに書きましたので、暇な方はどうぞ→http://yaplog.jp/naotaka8787/archive/2788 どこの本屋さんでも山積みにされている人気の本から、どこの本屋さんにもおいていないマニアックな本まで 日本中からいろんな本が集結するこのイベン…