文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『アウグスティヌス『告白録』講義』を読みました。

投稿日:

この本、なんかいも読んだ気がします。
こちらの本、単体で読むと難しいのですが、

『告白』の解説本として、『告白』と照らし合わせながら読むと
とてもわかりやすいので、
交互に読みました。

私が書きたかったレポートの内容は
神の存在証明の巻からでてくる
「記憶論」のところです。

この本では「メモリア」とかかれています。

アウグスティヌス『告白』10巻の中心をなしているのが
メモリア内での神の場所の探求。

神の場所をまずは外に探し、外にはないことを知り
内省によって神の場所を探していきます。

こちらの本は、ラテン語をときおり交えての解説なのですが、
漢字よりラテン語のほうが理解できる言葉もあり、
原書の大切さをかみしめました

たとえば、心象。漢字レベルが中学生の私としては
心象といわれるより、imagoと呼ばれたほうが、
ぴんとくる・・・。

こちらの本、とっても詳しくって、すごく面白いのですが、
ついついレポートには関係なさそうな箇所まで読み進めてしまう本でした~。

*****

昨日までの三連休は、西洋哲学史Ⅰの勉強をしました。
がんばったのに、、、
がんばったのに、、、、

いざ、清書しようとしたら
ワープロ用レポート用紙(外国語以外)
が2枚しかなかった・・・・

・・・・ということで、レポート提出は来月までお預け。
夏スクでレポート買う事にします。

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

 

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス 告白(上)

      カトリックでは聖人に列せられている 「聖アウグスティヌス」が書いた本です。  哲学書としても、神学書としても有名で、1500年たった今でも 世界中で …

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …

no image

今日もデカルト『情念論』のつづき

  おとといからデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。 動物精気の登場によってさっぱりわからなくなったデカルトの『情念論』レポート書けるか か な り ふあんですが、懲りずに読み …

no image

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

  岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の『ヘーゲルを読む』を読みました。 精神のすべての性質は自由を唯一の支えとしすべてが自由のための手段にすぎずすべては自由を求め自由だけを生み …

no image

『これならわかる! 哲学入門 』を読んでみました

タイトル:これならわかる! 哲学入門 倫理学の試験勉強をしているのですが、ヘブライズム、アリストテレスまではなんとなくわかるんだけど、カント以降がもう宇宙で、、、試験まで3週間をきっているのにコレはま …