『アウグスティヌス『告白録』講義』を読みました。

2013年7月16日

この本、なんかいも読んだ気がします。
こちらの本、単体で読むと難しいのですが、

『告白』の解説本として、『告白』と照らし合わせながら読むと
とてもわかりやすいので、
交互に読みました。

私が書きたかったレポートの内容は
神の存在証明の巻からでてくる
「記憶論」のところです。

この本では「メモリア」とかかれています。

アウグスティヌス『告白』10巻の中心をなしているのが
メモリア内での神の場所の探求。

神の場所をまずは外に探し、外にはないことを知り
内省によって神の場所を探していきます。

こちらの本は、ラテン語をときおり交えての解説なのですが、
漢字よりラテン語のほうが理解できる言葉もあり、
原書の大切さをかみしめました

たとえば、心象。漢字レベルが中学生の私としては
心象といわれるより、imagoと呼ばれたほうが、
ぴんとくる・・・。

こちらの本、とっても詳しくって、すごく面白いのですが、
ついついレポートには関係なさそうな箇所まで読み進めてしまう本でした~。

*****

昨日までの三連休は、西洋哲学史Ⅰの勉強をしました。
がんばったのに、、、
がんばったのに、、、、

いざ、清書しようとしたら
ワープロ用レポート用紙(外国語以外)
が2枚しかなかった・・・・

・・・・ということで、レポート提出は来月までお預け。
夏スクでレポート買う事にします。

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA