文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『メソポタミアの神々と空想動物』感想

投稿日:


タイトル:メソポタミアの神々と空想動物 (MUSAEA JAPONICA)
内容:メソポタミアの世界観と神々について、
当時使われていたシンボルの意味について詳しく解説されている書。
図が豊富で、わかり易い一冊

なにやらフシギな感じのタイトルですが、
絵が上手ですごく見やすい本でした。

もっとも古いシュメール人が考えていた宇宙観、それは

「宇宙はアン(天)とキ(地下世界を含む大地)の二重構造であり、
アンとキはもともと1つの世界で 神々だけが住んでいたが、
人間の住む場所が必要になったため、ある時点で分離してしまった

というものでした。

メソポタミアは多神教。たくさんの神々がいて長生きですが、
永遠の命ではないところが特徴的だと感じました。

神々とともに人気だった「英雄」の存在も無視できません。
有名どころだとギルガメッシュとか。彼はまだ謎おおい人物で、
一説では歴史上の人物だとか。

メソポタミアでは死後の世界も信じられていました。
死んだ人はみんな「地下世界」へといくそうで、
食べ物はホコリのみの世界・・・。いきたくないですね。

住んでいる死者は裸か、もしくは鳥のような羽をつけているんだって・・・。
聞いたことない神話で、新鮮ですね・・・。

2章では、メソポタミアでつかわれた「シンボル」についての説明。

三日月
マルタ十字のような十字形
など、
それぞれ意味するものがあり、その解説がのっていました、

巻末ページでは、メソポタミアの神々の系図がでていて、
イシュタル
マルドゥク
など、知っている名前もちらほらでてきます。
ギリシア神話みたいに、それぞれの神様は物語を持っているのでしょうか。
そのあたり、読んでみたいですね~。。


世界史 ブログランキングへ

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで …

no image

史学概論のレポートその2E・H・カー『歴史とは何か (岩波新書)』とか『歴史学の革新―「アナール」学派との対話』を読んで書いたやつ

たしか、史学概論のレポートは2000文字以上書かないといけないとかあった気がします。たいてい大学のレポートは○枚以上とか○文字以上とか決まりがありますが・・・私はいつも文字数で苦しむので、無駄にフルネ …

no image

塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人 …

no image

佐藤賢一著『英仏百年戦争』感想

  タイトル:英仏百年戦争 (集英社新書) 直木賞作家佐藤賢一著。英仏百年戦争とは何か。そもそも本当に100年の戦争だったのか百年戦争の原因をノルマンコンクェストから掘り下げて解説してくれて …

no image

日本人が書いた『ユダヤ教の歴史 』感想

 タイトル:ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)内容:ユダヤ教の歴史について書かれた一冊。受難の連続であったユダヤ教について理解できる一冊。 「セレウコス朝シリア下でのユダヤ人について」調べるた …